FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

これが理解できるのが日本人「もののあわれ」
何の説明もなしに「もののあはれ」を理解できるのが日本人だという。

平安時代の王朝文学を知る上で重要な 文学的・美的理念の一つであることには違いないが、折に触れ、目に見、耳に聞くものごとに触発されて生ずる しみじみとした情趣や、無常観的な哀愁である。

本居宣長は、「もののあわれ」について、もっと深い考察をしている。
簡単に言えば「 ものごとの本質、その本質を感じる心」
外界としての「もの」と感情としての「あわれ」とが一致する所に生じた,調和的な 情趣の世界をとらえていう。

「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」
この情景・情感が黙って共有できる素養が、日本人にはあるのだと思える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中学生勉強法 The伝説 成績下位から一気に上位へ



立ち乗りスクーター





9か国11の特許取得!エステ級のヒアルロン酸「HIヒアルロンプレミアム」





使うほどに髪が美しく!魔法のストレートヘアアイロン「リュミエーナ ヘアビューロン」




度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.