FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

平等であろうとしたときの歴史
歴史というのは大まかな流れというのがあるようです。
人類が生まれ、同族が共同で生活をするようになると、長老と呼ばれる指導者の下でかたまる。
それはいずれ王と呼ばれる権力組織に結びつき、悲しいことだが結果的に民を虐げるということにもつながる。
人は生まれながらに平等であるから、圧迫が限度を超えると、ストレスのエネルギーは爆発する。

古くは、神の下の平等を唱えたムハンマドであり、下っては、王家・貴族の支配から脱却しようとしたフランス革命による人権宣言であった。
このとき立ち上がった市民は、徒手空拳、みずからの命をものともせず戦ったのであり、戦争だの平和だの言っていられない状況下にあったのだと思う。

続きがある。
フランスがそういう国になったとき、フランスの周りの国には王家が存在していた。
その権益が影響を受けることは排除しなければならないということになるのは当然の流れであり、対仏同盟が形成されフランスは包囲網の中におかれることになる。
権益を侵す恐れのあるものは、よってたかって叩き潰そうということになるのは不思議でも何でもない。
ナポレオンが出てくる原因でもあった。

その後、ヨーロッパ諸国は先を争ってアジアに武力で進出し、そこで平和に暮らしていた国々を故なく植民地として支配した。有色人種はそのように扱っても痛痒は感じなかった。

第一次世界大戦後のパリ講和条約において、連合国側の一員であった日本は、一次大戦よりも前にロシアの侵略を排撃できた経験もあって、「国家平等の原則」「人種差別撤廃」を提言した。
有色人種として初めて白人に勝利することができた日本は、一人自国のことのみを考えるのではなく、広くアジア・アフリカ諸国のことも考えていたということである。
それらの国にとっては希望の星であったに違いないが、植民地を持っている国々にとって、日本は癪に障る目障りな国となった。

フランス革命後の動きと同じく、正しい理屈であっても権益を侵す恐れのあることを主張する国は、寄ってたかって叩き潰す必要があるとするのが自然の流れであったろう。

差別を無くし、平等を唱えるときは、血が流れるということかも知れない。
そうであるならなおのこと、これから先の世界各国においては、力を誇示して覇権を目指す国があることなどということは、否定されねばならない。
未だに帝国主義的な国というのがある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中学生勉強法 The伝説 成績下位から一気に上位へ



立ち乗りスクーター





9か国11の特許取得!エステ級のヒアルロン酸「HIヒアルロンプレミアム」





使うほどに髪が美しく!魔法のストレートヘアアイロン「リュミエーナ ヘアビューロン」




度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.