FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

家族も同罪?
『連座制』という刑罰制度が、江戸時代以前にありました。
旧弊に過ぎぬということで、段々に否定されてはきましたが、現実には色濃く残っている部分もあります。

連座制というのは、重大犯罪に対しては、罪が容疑者だけでなく、家族、親族、地域社会などの関係者にまで及ぶ制度です。
中国では、『罪は九族に及ぶ』といわれ、権力闘争に勝つと、反対派に対して、『一族郎党に至るまで根絶やし』といわれるほどの刑罰を与えてきました。
その伝統は、中国の東隣の朝鮮でも同じようなものですし、我が国においてもあったようです。

現代においても、世間の耳目を集めるような残虐犯罪や破廉恥な犯罪は、マスコミと称する人たちが加害者被害者に拘らず、法制度ではないといえども、その関係者や知人に至るまで追いかけまわし、洗いざらい調べだして報道するきらいがあるように思います。
家族としては、他人事と言って済ませられないことはその通りだとしても、実質的な社会的制裁となり、法を犯した本人よりも重い結果となるようにも見えます。
さほど事実関係を知りもしないであろうコメンテーターの、上から目線の言辞も並ぶ。

犯罪が許されないものであるのは当然であるし、親や家族の責任ということもあるかも知れないが、彼らがどこまでが責められてしかるべきなのかがはっきり解らない。
近年、個を大切にして、仮令教育や躾上のことであったも、親の関わりを極力排除しようという風潮を煽ってきたのではないのか?
整合性をいかにしてつけるというのだろうか?

知る権利と報道の自由を振りかざしたとしても、おのずから限度や節度というものがあって然るべしだと思うが、さらに言えば同様の事件でも大騒ぎするのもあればスルーしてしまうのもあるとしたら、基準をどこにおくかということも考えねばなるまい。

ことほどさように、犯罪を起こさないように教育するとともに、起こせばどのような影響がでるかも教えていくことが求められてもいるように思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中学生勉強法 The伝説 成績下位から一気に上位へ



立ち乗りスクーター





9か国11の特許取得!エステ級のヒアルロン酸「HIヒアルロンプレミアム」





使うほどに髪が美しく!魔法のストレートヘアアイロン「リュミエーナ ヘアビューロン」




度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.