FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

事務総長がそう言ったのだとすれば
国際仲裁裁判所は国連の機関ではないから、南シナ海に関するこの裁定に中国は従う必要はないと、潘 基文国連事務総長が言ったとかいうが、本当だとしたら何を言っているんだか。
国連の外郭団体はどういう位置づけだというのか?
法治というのは、実力行使による救済を避けるためにできているのではないのか?
戦争でもして原状復帰せよとでもいううのだろうか?

中国は、それは清国のことだから知らないとでもいうのかも知れないが、国際仲裁裁判所の恩恵を過去に受けているのではないのか?

マリア・ルス号事件というのがあった。
明治5年(1872年)に日本の横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力(クーリー)を奴隷であるとして日本政府が断固として解放した事件。
日本が国際裁判の当事者となった初めての事例である。

いきさつとしては、1872年に、中国(マカオ)を出発したペルー船籍の「マリア・ルス号」が修理のために横浜港に立ち寄った。
この船には、「苦力(クーリー)」と呼ばれる中国人231名が乗船していたが、事実上の奴隷であるとして日本政府が解放し、清国人は清国へ9月13日(10月15日)に帰国した。
これについて清国政府は、日本の友情的行動への謝意を表明したのだという。

当然のことながら、国益を侵されたペルー政府は海軍大臣を訪日させ、マリア・ルス号問題に対しての謝罪と損害賠償を日本政府に要求した。
この後、国際仲裁裁判が開かれることになったが、日本の対応が正しいものであったと認められた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中学生勉強法 The伝説 成績下位から一気に上位へ



立ち乗りスクーター





9か国11の特許取得!エステ級のヒアルロン酸「HIヒアルロンプレミアム」





使うほどに髪が美しく!魔法のストレートヘアアイロン「リュミエーナ ヘアビューロン」




度あり度なしカラコン・デカ目




男の自信を取り戻す。Lシトルリン Lアルギニン




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説  (購読無料)
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部進行中。
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.