FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

宜しくはないのですが
電話が鳴ったので出てみると「AAさんでよろしかったでしょうか?」
こちらは受話器をとったときに「AAでございます。」とその時点ですでに名乗っているのにである。
聞きなれない声だし、どうもセールスらしいので、「よろしくはないけど、どちらにお掛けになったんですか?」と尋ねると、自らを名乗りもしないでクドクドと無遠慮に質問してくる。
「で、手短にいってご用件は何ですか?」「~~~~~」「そうですか、ご苦労様。その気はないので他所で頑張って頂戴ね。」
受話器の向うで話を引き伸ばそうとしている声がしているが、もう相手をしてはいられない。
AAのところに電話したのなら、「AAさんですか?」とか「AAさんでいらっしゃいますか?」
であって、「よろしかったでしょうか?」というのは何の許しを求めているんだかわからぬ。

 レジでも変な言葉遣いがされていることが多い。
「1000円からお預かりします。」とか「1000円からで宜しかったでしょうか?」などと聞かれる。
「1000円お預かりします。」か「1000円からで宜しいですか?」が日本語。

「れる」「られる」や尊敬語、謙譲語、丁寧語は、基本がわかればそんなに難しいことではないように思うのだけれどね。
若いうちに教養としてきちんと身につけましょうネ。
日本語は素晴らしい感性を育ててくれることばなんだから・・・

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.