FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

絵画を楽しめない事情の一つ
日本画の画伯の公演と作品についての説明があるという個展に招待されて、さる美術館に行きました。
会場には学芸員が沢山立ち会っていて、その数は異常と思える程でした。
引かれている白線の中にはいらないようにとの注意が最初にありました。

私はこの手の絵画展で写真撮影することはまずない。殆どの場合、注意される。
しかし、中の一人が写真を撮ったところ、すかさず絵画の著作権上の問題がありますので、写真撮影はしないで下さいと、皆に聞こえる大声で注意されていた。
それでありながら、講師の説明について回っていたとき、学芸員がその様子を何枚も写真に撮っていたので、言っていることとやっていることが違うのではないかと尋ねると、上席者という人のところに通された。
「著作権と肖像権はどちらが重いのか?」と聞くと「写真はホームページなどにアップすることはしないし、あくまで内部資料だ。」という。
「しかし、写真を撮るなと言った側がそれを破るのはいかがなものか。ヨーロッパの美術館などでは余ほどのことがないかぎり、ルネッサンスの絵画だって撮影可能だし、絵画のすぐ近くで鑑賞することができる。せっかく美術に興味を持った人たちの意欲を削ぐのは、貴方たち学芸員の意識によるところが多いのだから、観客への接し方は気を付けた方が良いのではないのか?」
といったところ、その人は良く解っていて、気を付けるようにするとのことであった。

事実、日本の他の美術館では、不愉快にさせない配慮をしているところも多い。
先日行った美術館では、見学に来ていた小学生たちに、女性の学芸員が絵画の見方などを優しく懇切丁寧に説明して、絵に対する興味を引き出そうと努めていた。小学生たちもそれを真剣に応え、口々に質問などをしている様子が好ましかった。

民度が育っていないのだとしたら、学校で絵画の鑑賞の仕方を教えるのも美術の時間に取り入れると良いと思うが。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


根本から改善 体臭消臭サプリ「ミニョン・デオ・リフレッシュ」




加圧シェイプで引き締め! 「スレンダーマッチョプラス」




男性向け精力サプリメントで人気の「フュージョンEX」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第五部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.