FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

発行部数激減?
休日になると、ゆっくり過ごしている静けさを破って、K党の街宣車がやってくる。
大抵はM党と同じく、「~反対」「~を許さない」の連呼で、選挙期間中でもないのに多少紛らわしいと思える「次の選挙では宜しく」などということを挟むこともある。
機関誌の購読宣伝も忘れずにやっていく。
聞くところによると、この機関誌の発行部数が激減しているという。

選挙のたびに多少議員数を増やしているから、支持されているのだと勘違いしているようだが、普通に考えてそんなことはあるまい。
共産主義を是とする人が多いとはとても思えない。
自民党に少しはお灸を据えた方がよいと思うへそ曲がりが、全く信頼がおけそうもないM党に投票するわけにもいかないから、たいして大勢に影響がなさそうなK党の候補者に投票した結果のように思える。

同じく、勧誘電話で迷惑に感じるのが、A新聞である。
捏造記事を世界中に撒き散らし、大きく国益を損ねたばかりでなく、若者たちの心に深い傷を残した。嫌韓が増えたのはその所為も与かって大きいだろう。

有効な訂正の発信を世界に向かって為した様子は見えない。頬黴リしていると言われても仕方あるまい。
記事を書いた記者をどこかに飛ばして終わりでは、体質が変わるわけもない。

この新聞も、壊滅的な発行部数減に晒されているらしい。
勧誘電話も、昔と違ってしつこくはない。「A新聞はお嫌いですか?」と聞くから「はっきり言えば、まあそうです。」というと切れる。自覚はあるようだ。

いずれにしても受け入れられて発行部数を伸ばすのは、信頼されることがまず先のように思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


根本から改善 体臭消臭サプリ「ミニョン・デオ・リフレッシュ」




加圧シェイプで引き締め! 「スレンダーマッチョプラス」




男性向け精力サプリメントで人気の「フュージョンEX」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第六部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.