FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

冬に美味しくなる野菜
「栗の季節になったら、栗ご飯をたべさせてね。」というのが、家内と一緒になるときのただ一つの約束であった。多くを望まれてはいない。

昔は、何もなくて結婚するのが当たり前の時代があって、蜜柑箱(昔はダンボールではなく、木製の丈夫な箱だった。)と鍋一つだけで所帯を持つ人が多かった。
それらの誰もが、二人で協力して生活を整えていく喜びを共有できていた。

栗の時季に栗を食べる。旬を大切にしたということでもある。
今の時季、霜の当たったホウレンソウは柔らかくて美味しいし、葱は甘みを増している。
獲り入れて休ませた里芋は、皮を薄く剥いて煮て食べると旨い。
家庭料理として食べるときは皮を薄くむくが、客などが大勢集まるときは、思い切って厚く剥き、面取りを施して料理した。みんなの角が立たないようにするという配慮をしたのである。

そのころの主婦は、玄関先に突然の訪問者があると、エプロンをはずし髪を手でなでつけてから応対に出るという配慮をした。
人に対する気遣いを自然にしていた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
先祖の墓石が汚れたままになっていると、子孫の運が下がるといわれます。
自分の先祖さえ大事にできない人が、人から好かれるわけはありません。
好かれることの無い人は、何をやっても成功できない。成功を阻むのは、自分の中にあるなんらかの拘りであることが多い。
自分でやれば、1万円以内で先祖を喜ばすことができる方法があるとしたら、やってみる価値があるのでは?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
折角大金をかけたご先祖様のお墓が驚くほど綺麗になることだけでも、価値あることです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


根本から改善 体臭消臭サプリ「ミニョン・デオ・リフレッシュ」




加圧シェイプで引き締め! 「スレンダーマッチョプラス」




男性向け精力サプリメントで人気の「フュージョンEX」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第六部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.