FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

酉年に因んで
酉年に因んで、昔マカオに言った時に土産で勝った来たオンドリの置物を飾ってみた。

ondori118wb.jpg

ポルトガルには「バルセロスの雄鶏伝説」というのがある。
スペインの聖地サンチャゴ・コンポステーラに向かっていた巡礼者が、宿場町である町バルセロスに泊まった時の事です。
この宿の主人の銀貨が盗まれると言う事件が起こり、その疑いがこの巡礼者にかけられました。巡礼者は証拠の銀貨を現に持っていないにも拘わらず、無実の罪を着せらました。
無実を訴えたのであるが、判決は死刑ということになり、縛り首にされる事になりました。
巡礼者は刑を執行される前に、最後の嘆願として役人に、裁判官の家へ連れて行って欲しいと頼みました。
食事中だった裁判官の家を訪れた巡礼者は、テーブルの上の鶏の丸焼きを指さし、「私が無実であると言う証拠に、聖母マリア様が奇跡を興し、刑が執行される時にその雄鶏が鳴くだろう」と言いました。
その巡礼者の刑がまさに執行されようとした時、こんがりと焼けていた筈の雄鶏が皿の上に立ち上がり、高らかな鳴き声を上げたのです。
これに驚いた裁判官は、自身の誤りを認め、あわてて死刑執行場に行きましたが、刑は既に執行されていました。
しかし不思議な事に縄が緩んでおり、巡礼者は奇跡的に一命を取り留めていた。
当然、釈放されたその巡礼者がサンチャゴ巡礼を終え、数年後に再びこの町を訪れた時、聖母マリアと聖ヤコブ(サンチャゴ)に感謝を捧げる石の十字架を建てたのだという。

この伝説に登場する、こんがりと焼けた雄鶏は、今では幸福のシンボル「ガロ」としてポルトガルでも人気のマスコットになっているのだといいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第六部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.