FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

人口が多ければあたりまえだと思うが
世界の人口が、現在73億7千万人余。そのうち中国人が13億~14億人。

中国がGDPで日本を追い越したと威張っているようだが、そんなのは当たり前の話ではないか。
日本の13倍もの人口を抱えているのだから・・・
資産格差が凄まじいと言われているが、一人当たりに換算したら、比較にもなるまい。
そういう意味でいえば、日本は自由主義経済をとりながら、最も社会主義的な成功を収めた国だといわれるのも当然のように思える。
その上、民度の違いまで考えれば、圧倒的な差があるのだと思う。

経済学者でも政治学者でもないから、単純に見ていて野大雑把な感想に過ぎないとは思うが、中国経済は共産主義経済ではなくて、韓国に輪をかけたような財閥国家に見えてしまう。

国有企業から国営企業ということにシフトしたらしいが、過剰生産が取り沙汰される鉄鋼や石炭、更には鬼城と呼ばれ廃墟と化している建築物、手の打ちようもない公害問題と貧富格差問題、それらを抱え、世界の工場として経済的発展をしてきたことは兎も角、イノベーションは進まず、内需拡大の方策をとることもなく過ごしたから、中国は終わりだという人が多いように思うが、そんなことはまずあるまい。
独裁的な支配階級として労働者から搾取する強権体制側は、国民が飢えようと現状を死守するだろうし、革命などは起こらないように弾圧するに違いない。

迷惑なのは、国民の不満を逸らすために覇権的な政策をとるに違いないこと。
一番簡単な方法として外に敵をつくることを教育として重要視し、国民の意識の中に植え付けるというのが目に見えていること、などなどである。
刷り込まれてしまった教育は、短年月では修復できないから厄介なことになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第六部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のためにに良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.