FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

勝手な想像ですが
勝手な想像であり、事実かどうかは全く別の問題である。ただのヨタ話だとしてもらってよい。
ただ、どう考えても胸に落ちる答えがないから、単なる可能性の想像です。

北朝鮮が崩壊すると、難民が溢れて収拾がつかなくなるから、最低限、潰れないように隣国の中国が陰から支援しているのだと、ずっと言われてきた。
そうしてみると、韓国が日本に対し無茶な要求を重ねてきても、支援することをやめると、北からの侵犯に抗しきれなくなって、ここが潰えると、行き場がなくなった韓国の難民が日本に押し寄せると非常に困ったことになる。現在国内に居る人達への対応にでさえ困惑していることが多い。そういうことであるのなら、納得できる。
表立ってそれを理由にするわけにもいかないから、無理を承知で、何とか先方の要求を呑んできた、ということにならないか?
もしもそうであるなら、腹はたつけれど、何とかに追い銭というごとく、投げつけておいた方が、被害が少なくてすむのかも知れない。
しかし、まさかそんなことはあるまいと思うから、与太話と断っている。

日本人の殆どが、韓国に対しては資本や技術を含め、将来的に自立できるようにとの援助を、今までにしすぎる程し過ぎたと思っている。
どこの国にだって、誇りたい歴史もあれば、惨めだと思う歴史はある。
しかしながら、事実に基づかない捏造や歪曲されたことを出発点にしていると、確かなアイデンティティは育たないし、民度が高まるということはなかろう。
特亜三国を除くアジア諸国や他の世界各国のK国に対する認識もそうなのではないのか?
そんな認識を外国からされていることなどは、ネット国と自慢をしているのであるなら、すぐに調べられるのではないのか?わかったとしても、認めたくないのかもしれないが・・・

ことに最近は、自立できないままの焦りなのか、北からの脅威が増してきていることを肌で感じるからなのか、日本に対し見境がなくなったようにさえ感じる。
昔なら戦争を吹っかけてきているのに等しい言いがかりをつけてくる。
日本が本気になったら手も足も出まい。石油をとめるだけでもアウトだろうから、自衛隊を出すまでもない。
金持ち喧嘩せずというが、相手にするまでもないとして、日本は余裕で対応しているのである。

取り返しがつかないほど従北親中の勢力が強くなっているとも聞く。自分の足元くらいは見たほうがよい。日本の基地から米軍が出撃できるかどうかだって、日本の対応次第なのである。

韓国は、対日貿易が大幅な赤字で、それはとりもなおさず日本側の利益なのだから、日韓の関係が崩れたら日本が困るだろうと、愚かにも表層的な主張ばかりする。
日本は、なにを言っても飲んで譲ると、恥知らずにも思い込んでいるらしい。

しかし、普通に考えればすぐに解るように、対日輸入が超過するのは極めて当然なのだということにさえ気がつかないのだとしたら、勉強しなおした方がよい。
日本から輸入しているのは、日本以外では作れない生産財や製造機械、資本や精密部品であり、それなくして韓国の輸出品は組み立て製造できまい。
内需で国内経済をまわすことはできないから、輸出できる製品を作って成り立っている経済なのではないのか?

日本憎しで不買運動をしていて、もし日本が本気になって韓国にそれらを輸出しないとしてしまったら、たちどころに自分たちの首が閉まってしまうのだという冷静な判断ができないくらいの幼稚な民度なのだとでもいうのか?

何とも不思議な国である。
変な教育をし過ぎて、本質に目がいかなくなってしまっているとしたら、軌道修正は難しかろう。
恥ずかしいことを続けるのに励むのではなく、仲良くできる道を選んだ方がずっと良いと思うのだが・・・
そうすれば、また裏切られるかもしれないことを承知で、お人好しの日本はK国援助をするのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第六部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.