FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

区別と差別は違うと思うのだが
食事を饗するとき、「お丈夫に召し上がってくださいね。」と進めるのに対し、「お辞儀なしに頂戴します。」と挨拶し、食べ終わった後「ご馳走様でした。」と礼を述べるのに応じて「お粗末さまでした。」と答礼する。
手土産を持参してそれを手渡すとき、「つまらないものですが・・・」と一言添える。
奥床しい挨拶の行き来ではないのか?

「粗末なものをたべさせたのか?」とか、「つまらないものを土産に持参したのか?」とか言って、これらの言葉を使えなくさせてしまった人たちがいる。
こんなのは、言葉尻を捉えて文句をいっているのに等しいと思うのだが。

この「お粗末さまでした。」「つまらないものですが・・・」を、言葉通りにしか受け取れないほど、日本人の感性は落ち込んでしまったのだろうか?

看護婦やスチュワーデスや女中なども、女性蔑視の言葉だとして看護師だとか客室乗務員だとかお手伝いさんだとかに言い換えられてしまっているが、本当に差別用語だと思っているのだろうか?
ほかにも、普通名詞でありながら使えなくなっている言葉というのは多い。
名詞というのは、そもそもものを区別するためにできたのであって、差別のためではあるまい。
そういうことを論って声高に言葉狩りをする人たちこそ、心の裡に差別意識をもっているのではないのか?言葉というのは使い方によるのである。
言葉狩りが行き過ぎれば、物の名前を言うのに不自由になる。
使えなくなってしまった言葉の中には、そもそもが差別用語ではない筈のものだって沢山ある。

何が目的でそういうのか知らないが、一部の人が騒ぐと、それに安易に流されてしまうきらいがあるように感じられてならない。
パソコンでものを書こうとしていると、漢字変換しない熟語が多すぎる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第七部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


根本から改善 体臭消臭サプリ「ミニョン・デオ・リフレッシュ」




精力の衰えや持続力の減退を感じたら「シトルリンDX」
http://joy.uno/2TABOB+CHIAIA+1AHC+BXQOH

かわいらしさと上品さを引き立てるアイテムをラインアップ【Happy Candle】大切な人に贈るギフト選びにもhttp://joy.uno/2TABOB+CIP5PU+1AAO+5ZEMP

たった10秒のエイジングケア!電位の魔法【エレクトーレ】http://joy.uno/2TABOB+CKHGJ6+11JO+BXB8X

大人女子のためのレディースアクセサリー通販【コレカラ】http://joy.uno/2TABOB+CONHRM+12A2+BYLJL
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.