FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

美味しい中国茶
中国茶は、種類が多い。

中国・福建省の武夷山は、ウーロン茶発祥の地であり、その中でも「大紅袍」(だいこうほう)というお茶は、「茶王」と称されていることで有名である。

「大紅袍」の茶木は、武夷山天心岩付近の九龍窠(きゅうりゅうか)最後列の岩下に自生している。その場所は非常に険しくはあるが、土壌は潤って肥沃であり、周囲は岩壁に囲まれているため、日照時間が少ないが、これが、茶葉の生長に最適な環境となっているという。
しかし、大紅袍と呼ばれる茶は、畑ではなく岩に根を張った岩茶であることに特色がある。
お茶というのは、何膳か注げば味が薄くなるが、「大紅袍」は9回注ぎ出しても本来のオスマントゥス(木犀)の香りがそのまま残るのが、茶王と評される所以である。

清の時代、首都へ科挙の試験を受けに急ぐ1人の秀才が腹痛を起こし、病に倒れた。
通りかかった天心寺院の住職が、秀才を寺院へ連れて帰り、九龍窠で採ったお茶を飲ませたところ、激しかった腹部の痛みも消え、元気になったという。

その秀才は、無事に殿試(科挙の最終試験)に合格し、状元(主席合格者の称号)となった。
状元は命の恩人に感謝するために、武夷山へ出かけ、住職に不思議な効き目のお茶をみせてもらうと、幹がくねり、表面はコケに満ちて、濃い緑色の葉の間には、赤紫色の茶葉の新芽が出ている古木があった。状元は住職に了解を得て、少し茶葉を分けてもらい持ち帰ったのだという。

状元が都へ戻って暫らくした頃、時の皇后が腹痛を訴えて病に倒れた。
あまたいる侍医たちが為す術すべも無く手を拱いているところへ、状元は持ち帰ったお茶を皇后に献上した。すると皇后の病状はたちまち快方に向かった。
皇帝は非常に喜び、状元に真っ赤な長い衣を与え、武夷山の茶木に賞を授けることを託した。
状元は、茶木のある場所へ行き、茶木にその真っ赤な長い衣を掛けた。
以来、その茶は「大紅袍」と称されることとなり、毎年皇帝へ献上されるようになった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第七部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.