FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

家財整理は簡単ではなかった
家内の母が、老後を気楽に過ごそうと東京から移り住んだ地方都市に、手広く商売をしている女性経営者が居ます。
以前に仕事上の付き合いで親しくしていたこともあって、この方の経営する住居に住まうことになった。
この方は、かなり気腑がよい。3・11の東日本大震災のとき、自分の住居には被害が全くなかったのだが、目の前に住んでいた人の家の屋根が瓦解したとき、自分の商売上の付き合いがある建設業者を直ちに手配して、瞬く間に修復してしまったことがある。
自分の生活がそれによって困ることはないとして、謝礼というものは一切受け取らず「雨が降る前に直ってよかったね。」と言ったのみだったことは、近隣でも有名な話である。

気持ちがやさしいのか、明らかに徘徊していると思われる老人を呼び止めて「上がってお茶でも飲んでいきな。」とリビングに通し、お茶を出して落ち着かせている間に、施設などに電話して迎えに来てもらうというようなことは度々で、根が親切である。

義母が突然倒れて後遺症が残り、介護施設に入らざるを得なくなったことから、家財を整理しなくてはならなくなった。
家の中というのは、想像以上に物が詰まっているものである。

1か月ほどをかけて整理し、捨てられるものは大量であったが思い切って何とか処分したが、捨てるには惜しいものが、これもまた大量に残った。
桐箪笥一杯に及ぶ着物数十枚・殆ど袖を通していない洋服も数十着・ローズウッドの食器棚にびっしり重なった見事な食器類その他・・・

リサイクルショップかネットオークションで捌けば、そこそこの値段になるのかも知れないが、そんなことをする気が少しも起こらなかった。
勿体ないけれど捨て去るより他仕方がないかと思っていたところ、様子を見に来てくれたその女性経営者が声をかけてくれた。
「電化製品も台所用品も、全部心配することないよ。」火災やら災害で困っている人はいっぱいいるよ。衣類などは、90歳でまだ生きている人が使っているものだから縁起がいいから、声をかければ貰い手なら沢山居るよ。
困っている人たちの人助けになるんだから、全部引き取ってあげるよ。」
自分が使おうというのではない。当方以上に十分ものが揃っている人の言うことである。
有り難かった。

処分業者に頼めば多額の費用がかかるだろうし、行き先があって無駄なく使ってもらえそうなのが、なんとも嬉しかった。洗濯機も冷蔵庫も台所用品も、そのまま全部引き受けてくれた。
最初から相談すれば、目をつむって捨てたものの中にも十分役立つものはあった。
下着類の新しいものについては、施設に問い合わせたら使ってくれるとの返事があり、数箱のダンボールに詰めて運び込むことができたのも、気分的にはせめてもの救いとなった。
「全部、あんたたちに任せるから、好きにして頂戴。」と言っていた義母にも、そのように報告した。「あ、そう。」とだけが返事であったが、それで良いという意味であったと感じた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むシリーズ。第七部まで完
「夏風越の(なつかざこしの)」

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.