旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ごく普通に考えたら
憲法がどうだとか軍事同盟がどうなっているかを抜きにして、ごく普通に考えたとき、一旦戦争に巻き込まれたとしたら、自らが戦うことを避ける国のことを、米国が自国の若い兵士の血を流してまで日本を守ってくれるだろうか?
米国内の世論がそれを支持するなどということは考えにくい。
基本的には、自分のことは自分で守るとするのが、正常な考え方ではないのか?
そのために、戦争にならないための抑止力を持つ。その力もなくて話し合いなどというのは、画餅に等しい。

第二次世界大戦後、戦争を放棄させたこともあって、米国は安保条約で日本を庇護下においたとはいえ、国際情勢は明らかに変わってきている。
今までは戦争に巻き込まれることがなくてきたが、何をするかわからない独裁者が近隣にいるのである。話し合いでと言っている人たちがいるが、どう話し合いをするというのか?
実際にそれをやろうとした姿勢を、残念ながら一度も見たことがない。
防御態勢は、一夜にしてできる筈がないのだから、法整備を初めとして備えをしていかなくてはならないと思うが、どこがどう違うというのだろうか?

仮に、戦争に引き込まれるとしたとき、ミサイルが飛んできたり航空機が飛来して空爆をされることで始まるとは限らない。
前々から広まっている周知の事実として、日本には多数の工作員がすでに潜伏しているという。
彼らが主要目標としているものに先制攻撃をかけたとしたら、現状では防ぎきれないのではないかと思える。
A新聞やM新聞のご都合に合わせて、今までさんざん惑わされてきたのではなかったか。
もうそろそろ、自分の頭で考え、自分で判断するということをした方が良いように思う。
あくまで、普通に考えたときどうなのか?という基準で始めることになるのだとは思うが・・・
テロ法案に反対する人は、テロを容認するとでも言うのか?或いは自分がその法の対象になる恐れを抱いているということなのか?
それとも、反対するからには、それを防ぐ手立てを提案できるとでも言うのだろうか?
テロは未然に防がなくてはなるまい。かなり難しいことに違いない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.