旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

無事には済みそうにない北朝鮮
白髪三千丈と同じで、大げさな表現なのかも知れないが、中国の歴史は桁が違う。

長平の戦い(ちょうへいのたたかい)は、中国戦国時代の紀元前260年に、秦と趙が長平(今の山西省高平市の近く)で激突した戦いであったとされる。
秦の勝利に終わったのであるが、戦後に秦の白起将軍により趙兵の捕虜40万が生き埋めにされたという。余りに残虐で、恨みを残した。
しかし、この人数は誇張されているとも言われているにしても、夥しい人骨は現実に発掘されたとも聞く。
趙の国一国の力が、一気に衰える原因となった。
昔から、残酷さは並みはずれている。日本のことをとやかく言えることではあるまい。

まあこの伝でいえば、南京の30万人というのも、向こうの話としては通りやすいのかも知れないが、人数も残酷さも日本のは事実ではなかろう。

そんな過去のことを論ってみてもどうしようもないが、喫緊の危機というのはありそうに思える。
半島がキナクサイ。
憲法があるから戦争は起こらないと、脳内お花畑満開のようなことを言ってる人がいるが、そんなことを言うのなら国連にも立派な憲章はある。
それで世界に戦争は起こらないか?と言ったら、そんなことは無いこと誰でも知っている。

厄介なことに、それらを破るのはいつも常任理事国でもあるロ・中・米の3大国が絡むことが多い。
北朝鮮が有事ということになれば、間違いなく日本に重大な被害が及ぶ。
話し合いが通用する相手ではない。
中国が絡んで核戦争ということにでもなったら、40万人どころではすまない。
組みしやすしと思われた国が、世界では今も、戦火の中にあるのが現実なのではないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.