旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

大統領の末路が哀れな国
大統領選挙の前に、朴槿恵氏が訴追されるのだという。
罪状というのが何なのか、証拠があるのかどうか知らないが、韓国の歴代大統領の末路はあわれである。
どうにも馴染めないが、隣国では至極当たり前のようで、どちらかと言えば国民が煽っているようにも見える。
クーデター・亡命・暗殺・投獄・死刑・自殺、それでも大統領になりたいらしい。

儒教の教えが根深く残っているのか、易姓革命にも似て、前政権は根絶やしにして全て否定せずにはおかない国なのだと思えてならない。
全否定しなければ、政権の正統性を主張できないということだとすれば、継承して積み重ねることで発展させられることも失う結果にならないのではないのか。

ご自慢の李成桂による李王朝の樹立だって、前王朝への反逆だったのだから、反対勢力への粛清は酷かったように思う。
そんなにしてでも、中国の属国としてしか生きられず、日本が日清戦争で勝利してようやく独立を得られたのに、長くは続かなかった。
疲弊した朝鮮を近代化に導いたのは紛れもなく日本であるが、戦後できた韓国は、前政権である日本を全否定しなくては、政権の正統性を主張できないほど脆弱であった。
日本の統治時代が良かったなどと口にすれば生きていかれなかった。

どうしていつまでも日本のことを悪く言い続けるのだろうと疑問に思っていたが、易姓革命を未だに繰り返すのだと考えれば、合点がいく。

しかし、北の脅威に韓国一国では抗しきれない現実があるとき、日本を敵に回すようなことばかりしていてどうするのか?
先のことを考えなくて過去にとらわれているのが国民感情に馴染むなのだとしたら、せめて真実がどうであったのかくらいは、自ら知るべきだと思うが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.