FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

予算審議そっちのけで騒いだのに
やむを得ないことだとは思うが、人は自分の価値判断だけででものを決めることがあります。
でも、決めつけてしまわない方が良いのだとは感じます。
少なくとも、他人の事情を認めることなく、大して知りもしないうちに自分の価値基準だけで決めつけてしまうのは、避けた方が良いと思うのです。

ものを判断するときの基準というのは、誰にでもあります。
関連する知識であったり、知りえた情報であったり、好きか嫌いかという好みであったり、その他沢山あると思うのですが、大抵の場合、大して考えることもなくマスコミ等から自分が知りえた情報というので決めていることが多い。
しかしそれは一面的であっったりフィルターがかかっていて、全体像を知ることはできないことが殆どのようなきがします。
甚だしきは、自分が考えたのではなくて、誰かが言っていたことをそのまま丸ごと受け入れて、その通りだと思ってしまうことだってありそうなのです。

例えば、森友学園問題などもそうでした。
国民の7割が、まだ納得していないとのアンケート結果があるとのことですが、それはそうでしょう。
全てを報道するということはしていないように感じてしまうのです。

報道では、さも違法な介入があったかのようなことを取り上げはしますが、そもそもあの土地は、そんなに高く評価できる土地だったのでしょうか?
報道することは都合が悪かったのか、数少ない報道をつなぎ合わせて考えると、廃棄物の除去という瑕疵を抱え、実際問題として、森友学園の隣の豊中市が購入した野田中央公園の土地は、2000万円であったという。
それと比べたとき、バランス上やむを得ない判断だったように思えなくもない。

野田公園の土地売買の方にこそ政治家の介入があったのではないのか?とか、ことのついでかどうか知らないが、東日本大震災のときの義援金の使途が報告されていないとか、生コンがどうだとかの問題が出てきた途端、質問者もマスコミもトーンダウンしてしまったように感じてしまう。
どちらかと言えば、そちらの方が大問題だと思うが、これを追求するニュースというのは目にしない。

要するに、ある流れにそって報道されるものだけでは、判断できないということになる。
だから、少ない材料で決めつけないほうが良いということになる。
煽るだけ煽り、その間に無責任な発言をした人たちも口を拭ってしまったような尻すぼみ状態では、納得できるわけがない。
司法が必要なことがらは、ワイドショウでは済まされまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.