FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

文化の違いからくることがあるにしても
文化の違いをとやかく言っても始まらないが、感情的対立になってしまうことが合い。

食事の時に食器を手にもって食べるのを批難すれば、置いたままの食器に顔を近づけて食べるのは「イヌ食い」だと応酬されることになる。
マナーというのは、どちらが優雅で合理的かということだから、長い歴史に培われている。

友達になったら、自分のものも友人のものも挨拶なしに勝手に使うのが親しさの表れだとする習慣もあれば、親しき中にも節度を守って誰のものかは明確にするのが当たり前だとする文化もある。
上下関係に異常なこだわりを見せる文化もあれば、誰とでも公平なのだということで対等な立場でつきあう文化もある。
相手が嫌がることを好んでするくせに、自分は好かれていると思い込んでいるのは不思議である。

価値観を共有できないのであるから仕方がないのであるが、自分の価値観だけが絶対だと頑なに信じ込んで、それを一方的に押し付けて文句を言われても困る。
どちらが特異な文化なのかは、広く世界を見渡してみれば解ることであろう。

何を約束しても、約束を守らないというのも困る。
都合が悪くなると、全て悪いのは相手であると自分勝手な理由をこしらえて約束を破るのを恥とも思わない。
そのあとで本当に困ったことが起こると、厚顔にも平気ですり寄ってきて、「一度だけ許して下さい」というのだが、一度で済んだためしがない。
仏の顔も三度というが、信頼を得るには誠実さと長い努力がいる。
世界と仲良くしていくのは大変である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.