FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

善因・善果
因果応報
 おどろおどろしいタイトルですが、今日は、少しお勉強です。
因果応報とは、原因があって結果が生じるということです。

 因縁とか因果ということは、よく口にされますが、業というのもよく言われます。
 しかし、意味がわかって使っている人は殆どいないのではないかと思われます。

業とは、いうなれば「行為の結果生じた記憶」ともいうべきもので、過去世から現在に至るまでの経験から意識下無意識下に蓄えられたものです。
 圧倒的に無意識下のものが多いのですが、これら大量の業は、覚えているいないに拘わらず、根底の意識に一つ残らず記憶されているのだと言われています。
 記憶の仕組みは、因縁によるものに他ならず、因(原因)・縁(環境)・果(結果)の連鎖に従って起ります。

 因果というと、親の因果が子に報いなどのように、過去のあやまてる想念が苦悩となって現れることの方に多く使われますが、原因が環境を得て結果を齎すということであれば、善因ということだって当然のことながら在るわけで、善縁に巡り会い善果を得ることだってある筈ですから、悪い事ばかりだということではありません。
 ツキというのは、そんなあたりの全員の現れかも知れません。

 善縁(良い環境)というのは、何もしないでいて触れることができるわけではなく、身を浄めたり感謝をしたりなどなど、我が身ひとつだけではないことに気づかなくてはならないと思うのであります。誰が見ていなくても神様が見ていて下さるかも知れませんし、何より自分が知っています。
自分の内なる神様、すなわち潜在意識が時と場所を得て結果として表れるのだと知れば、身を慎むことに否も応もないということになりそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・
http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私、水を飲んでも太るんですという、むくみに悩む女性のためのサプリ「めぐりゆく」http://joy.uno/2TEFUK+F8XOJ6+18II+BXQOH
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.