FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

「話し合い」で解決できるのだろうか?
終戦後2年ほどしての小学校入学でしたから、今は全く聞かれない言葉だが、まだ「鬼畜米英」という言葉は、そこかしこで聞く表現でした。
敵国同士として戦うには、必要なことだったのだと思います。

しかし、日本が悪かったのだという総懺悔の時代に育ちまぢたから、反省の上に立って、世界各国と今後は平和で仲良くしていかなくてはならないのだと思いました。

戦争から復員してきた人たちの話を聞くことは数多くありましたが、誰もが正々堂々と勇敢に戦ったのだということと、戦地の民間人とは争わなかったということは、等しく語ったことでした。
戦争という異常事態であったのだから、恨みを買うようなことは一切なかったとは思いませんが、どちらか一方だけが悪いということはないのではないかというのが、最近いろいろ読んだりするようになって感じることです。
決して居直って、事実を曲げてまで主張するつもりは全くありません。

復興のために懸命に働いた当初のころ、資源もないところで作る製品は「安かろう悪かろう」と言われていました。
日本の職人魂は、便利で使いやすく丈夫な物をお客に提供するのだという気概を忘れてはいなかったから、段々に日本製品が信用されるようになり、世界でも一流と呼ばれる企業が育ったのだと思う。勤勉で真面目だった。
世界に認められるためには、恨み言や不平を言ってはいられなかった。
そうこうしている間に、平和条約も締結して、友好的な関係を築いていける国々が増えたのだと思っている。

加害者扱いされて来てはいるが、恨みが残っても不思議はないような被害だって蒙っているのを乗り越えようとしてきた。
戦争とはそういうものだと思うが、恨みは忘れて先の幸せを求めようとしたといえよう。

しかし、何十年も努力を重ねてきても、何時まで経っても友好的な話が進められない国というのがある。
少なくとも平和条約を締結したら、それは民間でいえば示談とおなじことであり、以降は蒸し返すことはしないということでないと、法的安定性は得られない。
自分の主張ばかりで、話を聞く気もない相手と、如何にして話し合いをしようというのだろうか。
約束というのは、双方が守るのでなければ意味を持たないと思うのだが・・・

北朝鮮は、核兵器の開発をやめることを条件にして、諸国から経済援助を受けた筈だが、それを破って核爆弾やミサイルを開発し続けたし、拉致問題の解決を約束して日本からの援助をうけた。それらを反故にしたから、経済制裁を受けているのではないのか?
韓国は、新しい大統領のもと、日韓合意を反故にする構えでいる。
約束を守らない国と、一体何を話し合うというのだろう?
脅威は日増しに増してゆくが、有効な手立てが見つからないのがもどかしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.