FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

童話「五色の鬼」
オニというと、こわい顔をして頭に角をはやし、かなぼうを持った姿を想像します。
でも、本当はどんな姿をしているのか誰もしりません。
オニは、北東の方角から、人にしのびよってくるのだと信じられていました。
これを「ウシトラ」の方角といいます。
方角は、干支(えと)といって、生まれ年による動物で表します。
皆さんが知っているように、ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・うま・ひつじ
・さる・とり・いぬ・いのしし、であらわすと、「ウシとトラ」の間になりますから、ウ
シの角をはやし、トラの皮のパンツをはいた姿で目に見える形にしました。

でも、オニがおそろしいのは、力があって乱暴だからということではないようです。
むかし、サトリを開いて立派な人になろうと努力している人たちにとって、ジャマをす
るものがありました。
心にうかんできてしまう悪い考えが、良いことにフタをしてしまうのです。
そのフタをしてしまうものをオニとよびました。
アカオニとアオオニはよく知られていますが、それだけではなくて、五色のオニがいる
のだと思われていたのです。

赤鬼は、何でも欲しがる欲深い心。
青鬼は、怒りの心。まずしい心。
黄鬼は、自分中心のわがままな心。
緑鬼は、けんこうを考えないで、だらしないことをする心。
黒鬼は、不平不満ばかりをいう愚痴。卑しい気持ち。
そういう悪い心に豆をぶつけて追い払い、平穏を願うのが、節分の行事になりました。

でも、本当のオニは、自分の心の中に住んでいるので、自分で追い払うほかありません。
放っておくと、オニはどんどん大きくそだってしまうので、こわいのです。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.