FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

右も左も一致協力するときなのでは?
右翼だとかネトウヨだとか、左翼だとかパヨクだとか互いに言い合っている記事を読むことがあるが、どうもその境目が解り難い。

普通に言えば、
右翼=愛国心を持って、自分たちの日本(の伝統と秩序)をしっかりと守っていこう!安定的で現実的。
左翼=日本(の伝統や秩序)は古い!新しいやり方で、人権や自由や平等を大切にしよう!革新的で理想的。
ということなのだろうけれど、そうばかりではなさそうである。
右翼は、好戦的で暴力的というけれど、左翼だって真底では暴力革命を目指して暴力的であることは、隠しおおせない。

共産主義が左翼で、国粋的なのが右翼だという人もいる。
左翼が平和的だなどというのは説得力がないことは、世界をみればわかる。

戦争の危機が身近になっていることを思うと、左翼も右翼も、国防ということも考慮して、平和を考えるのであれば一致して対応を考えなければならないのに、どこの国に迎合しているのかと思わせるような反日的言動をして憚らないというのでは、それがどちらのサイドであったとしても、合意は得られまい。
最近は、左翼イコール反日に思えてしまうことも気がかりである。

北朝鮮は、核装備しなければ国の安全を確保できないと頑ななまでに信じ込んだ。
強大な軍事力を持つ他国に、力をもって迫られたら一たまりもないことは事実であろう。
「話し合い」などということは、自国内がそうであるように、他国も信頼できないとしたのであろう。
現に、友好国と言われている国からの話し合いであっても、受け入れないか或いは無視して突き進み、核兵器を保有するに至った。
厄介なことにこれを持つと、今度は外に向かって威嚇することをやりかねない。

普通に考えれば、これに対抗するためには、同等以上の核兵器を保有し、万一の場合は反撃あるいは報復の能力を保持していることが抑止力となる。

「話し合い」の好きな方々は、その観点で、まず国内での話し合いをしたらどうだろう。
どうするのが現実的で、どうすれば可能であるかくらいは考えておいた方が良い。
「拉致被害者はいつ帰ってくるんですか?」などと無責任な国会質疑をしているようでは、余りに頼りなさすぎる。

国際間の問題は、対外的に「話し合い」による解決なぞ実際には不可能に思えるし、国連頼みなども絵空事に思えてならない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.