FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

転生することがあるとしたら
輪廻転生というのはあるのだろうか?
有るという人もいるし、無いという人もいるが、証明のしようはなさそうである。
しかし、世界には前世の記憶を持ったまま生まれた人というのがいるらしい。
その子の言うことを調べてみると、幼い子が知り得る筈のない場所と時代に実在したことがあるという歴史事実に合致することがある例が多いのだという。

では、何故生まれ変わるのだろう?
死後は、肉体という器がなくなり、零というエネルギー体でより高い意識を目指して修行に励むのだという。
しかし、肉体という衣をもった実体でないと、どうしても叶わない修行というものがあるらしい。
生まれ変わりを望んでも、すぐにそうできるわけではなくて、およそ400年くらいは順番待ちをしなくてはならない。
そうして、その修行に適う経験を積むために、自分が生まれ変わるときの両親を選ぶのだという。
だとしたら「産んでくれと頼んだ覚えはない」と両親に悪態をつくなぞとんでもないことになる。

修行が行き届いて精神的に向上することができれば、現世に生まれ変わって苦しい経験をしなくてすむようになるらしいのだが、何度生まれ変わっても新たな業を積むような生き方をしていれば、次に生まれ変わるときにはもっと過酷な世界にいくことになる。
全て最初からやりなおし、ということである。

それはともかくとして、現世で生きているときは、少しでも徳を積むように心がけた方が、精神衛生上もよさそうに思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.