FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

しのびねもらす

 季節はずれの話題ですが、都会の鶯の鳴き声は拙いのだとか。

山中とちがって里のウグイスはウグイスづきあいがないのかも。

 

近頃は、人里にあっても人の付き合いが薄くなったのか、親子間にあってさえ、いとも簡単に痛ましいとしか言いようのない事件をつぎつぎに起こしている。

可愛がり可愛がられた経験がないのかも知れないが、犬猫にも劣っているような有様には、いかんせん手の出しようがない。

 

縦の繋がりは、先人の経験や知恵を伝えるに力があったし、わきまえということもその中で自ずから身についたのではないかと思うが、変に物分りがいい知識人?というのが声高に内心の自由なんてことを言って、子供を未熟な判断しかできない段階から野放しにしているから、社会における最低限のマナーさえ守らず義務も果たさないで平気、という輩が増えたんじゃないだろうか。

 

それがそのまま大人になったのでは、次の代はたまらない。

いい子は一杯いるけれど、そのいい子たちが憂き目を見るのが日常ということでいい筈がない。

 

古い話になりますが、中学校のときの成績が音楽と技術が2という以外はオール1だったという方が、20歳のとき一念発起して、九九もままならなかったところから、小学校の3年のドリルを皮切りにやりなおして、難関名古屋工大に合格、大学院も経て母校の先生になったというのを見ました。

 

ご本人のご努力もさることながら、周りに親身になって協力して下さった方が沢山いたのだと思います。

なにかを一所懸命やり、それを励まし支える周りがあるという人間関係って素晴らしい。

やってやれないことはないし、やらずにできるわけがないのです。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

訪問ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。  柳宏
柳宏 | URL | 2012/05/19/Sat 21:57 [編集]
周りの人のおかげだと思います。まず、受験勉強・大学・大学院の時期に親が経済的に支えてくれたからこの人の目標が達成されたわけで、この人の努力は多分、歯を食いしばるような苦しい努力ではなく、親兄弟の深い愛情に囲まれて楽しく勉強できた環境にあったからと思います。
藤原 | URL | 2012/05/19/Sat 22:02 [編集]
はじめまして。

今がんばるか、後で頑張るか。
それとも、今がんばれるか、後にするかですかね?

人生のピークがいつ頃なのでしょうね?

楽しいことをして遅れる日々が一番ですよね。
flatpain | URL | 2012/05/19/Sat 23:19 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.