FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

破廉恥罪の疑いをかけられないように
電車に乗ったところ、前に立っていた友人同士らしい若者二人の一人が、両手をあげて網棚に掴まっていました。
もう一人が「どうしたんだ?」と聞くと「いろいろ面倒なことがあるからさ。」と答えた。
「そうか、お前の親父さん痴漢の疑いをかけられて大変だったもんな。」と了解していた。
今は警察関係の人も用心して、両手をあげて乗るようにしているらしい。

痴漢などという破廉恥な行為は、厳しく排除されるべきであろうが、疑いを持たれた全てが痴漢行為を働いたとも思えない。
しかし、女性の主張を一方的あるいは全面的に採用するらしいから、反証することは難しいのだという。
中には冤罪もありえよう。
しかし、捕まったら最後、殆どの場合一生を棒に振ることになるのだという。
線路を走って逃げるというのは、こういうことにもありそうに思える。

難しいかも知れないが、法的安定性を確保するには、双方の主張を検証できるような方法を取ることが望ましいと思う。
名誉毀損罪は、公然と事実を摘示して、他人の名誉を毀損する犯罪です(刑法230条)。 保護法益は個人の外部的名誉です。 誣告罪(ぶこくざい)は、他人に刑罰または懲戒の処分を受け させる目的で、虚偽の申告をする犯罪です(旧刑法172条)。この誣告を仲間と組んでする女性がいるやに聞くと、嫌な気分になる。これはいかになんでも卑劣過ぎる。誣告罪の厳正な適用をなさないと、法的な公平を欠く。
痴漢・強姦は破廉恥であるが、それが無実であったときは、仮令証明されたとしても、もはや取り返しがつかなくなっているであろうからである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.