FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

庭木としては余り好まれない花
トランペットフラワー(エンゼルトランペット)。
花は大きくて見栄えがするが、庭木としては余り好まれないのだとか。



あながち迷信ということではなく、木の伸びる勢いが強いので手入れに手間がかかったり、毒性が強いので剪定時に樹液に触れると良くないというのが理由らしい。

他にも庭木として避けられるものには、以下のようなものがある。
椿・・・花が首からポトリと落ちる。(山茶花やワビスケは花びらで散る)
石榴(ざくろ)・・・実が裂ける。 でも、子宝に恵まれていいのだという説もある。
葡萄・・・武道が下がる。
百日紅(さるすべり)・・・もともとが寺に植えられる木であった。
桜・・・散り際が潔いというので、武士が花の下で腹を召した。それは別として、桜の樹は一本で300坪の土地を必要とするから、庭木にはむかない。毛虫もよくつく。
やつで・枇杷・・・湿気を呼ぶ。
曼茶羅華(まんだらけ)・・・木ではなくて草だが、チョウセンアサガオのこと。毒です。

 特性がわかっていて気にしないで植えるというならそれも良いが、気になるというのであれば、敢えて植えないでおくということになる。

逆に縁起が良いとか効用があるとして植えられる木もあります。
南天・・・難を転ずる。
ミズキ・・・燃えにくいことから、火伏として。
欅・・・夏に葉が茂り、陽射し除けとし、冬には葉が落ちるので日当たりが良い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.