FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

猿が物を洗って食べるというけれど
 清掃のなかには、洗うということが大きな部分を占めています。
 心を洗うということもよくいわれますが、洗うということにはいろいろの意味があります。

 さて、食べ物を洗うということについてですが、体の中に入れるものは出るものとは違い、なんであれそもそもが綺麗なのではないでしょうか。
 それでも、洗って綺麗な方が美味しいことはちがいありません。

 宮崎県串間市の幸島(こうしま)の雌サルが、あるとき餌の芋を洗って食べることを覚えました。
泥や砂がついていないことは、さぞ口当たりがよかったことでしょうが、身内のサルを経由して島全体のサルに伝わりました。
それが100匹を越えるころになると、突然、海を隔てた大分県の高崎山の猿に伝播しました。猿のことですから、電話もTVも手紙もないのにです。

 この101匹目の猿の話は、シンクロニシティの説明に使われることが多い。
 よいことが皆に広まって、誰もが幸せになるというのは喜ばしいことであります。

 話はがらっと代わり、昼食を摂ろうと会社の外に出たところ、道路のそこここにカップラーメンの空カップが、捨ててありました。
近所にある高等学校の生徒が、コンビニで買い求めて食した後、そのように道脇の塀の上に置き捨てして帰ったものです。
誰がそれを片付けることになるのかは、意識にない。自分には関係ないというわけです。

 一人一人のときにそんなことはしないのですが、何人か群れると、イキがって恥ずかしいことでも平気でしてしまいます。
他人への慮りなどという人間の持つ徳目などどこへやら、互いに戒めあうことなどさらさらないようです。「自分さえよければ」という育ちの悪さが如実に現れてしまうところが情けない。

 猿にも劣るこういう行為も、そうする人が増えて伝播したのだろうか?
 私権は公共の福祉に従うということが、絵空事であっていいはずはない。義務セットなのだとまではいわないけれど、恥ずかしいことはしないに越したことはない。

 そんな子たちと話をしてみると、本当はいい子が多いのも事実。
ワルぶらないと仲間の付き合いができないという風潮を、どこで断ち切るかということになりそうです。

 声をかけ話をするなどの微力をつくしてはいるけれど、先は長い。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.