旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

法は自由を制限することはあっても

法律というのは、ある意味で人の自由を請願する。

 

悪い事をする人が全くいないとなれば、法律を制定する必要はないが、勝手気ままに振る舞う人ばかりになれば、安全な社会を形成することは不可能になる。

なるべくなら、自由が阻害される法の制定は少ない方が良いにきまっているが、そうばからを言っていられない情勢の変化というのは現実に起こってくるから、対応を迫られることはある。

勿論、法が有れば全ての犯罪行為から守られるわけではない。

 

法があっても、医者が患者の秘密を、弁護士が依頼人の内容を、公務員が職業上漏らしてはならないとする守秘義務だって違反者は出るし、天下りだってなくならないし、暴力事件もおこる。あらゆる種類の犯罪が無くなりはしないが、それでも法はそれらを防ぐ一助にはなる。

 

今回成立したテロ等準備罪法案については、当初から成立は確実視されていた。

野党は、そのすべてを、共謀罪とのレッテル貼りをして反対しようとしたが、何故に危惧されることが起こりにくくして、より良い法案となるように修正協議をするとか、対案を出すとかして審議しなかったのだろう?

キノコ狩りをしたらとか、花見に行ったらとか、思わず失笑してしまうようなことを大真面目で並べ立てても、国民の理解や賛同は得られまい。

 

「テロのターゲットになるのは、テロリストをサポートした人だ」というのは、以前から言われ続けていることである。

無辜の民が標的とされてしまうテロが、いつ自分の身に及ぶかわからないとしたら、多少の不便があったとしても、法の成立を望んだ人の方が絶対的に多かったのだと思う。

 

自分及び自分の身内が理不尽なテロ被害にあったとしても、反対していた人たちはそれを良しとするのだろうか?

秘密保護法のときも安保法制のときも、マスコミと野党は同じ手法で大反対したと思うが、そのときに騒いだような懸念は起こったのだろうか?

国民のためではなく、政局のためだけで反対をやっているのではないのかと、国民は思い始めているのではなかろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.