FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

戯言を言っている側から妄言と言われても

韓国人や中国人が好んで使う言葉に「妄言」というのがある。聞くだに腹立たしい言葉の一つになっている。

今度は、米国のアトランタに慰安婦像を建てるのだという。

日本の領事官が反対を唱えたのに対しても、この言葉を使って騒いでいるという。不可逆的にと言ったのは彼らの側なのに、合意を守る気など更々なくて、懲りずにまだ続けたいらしい。

 

彼らは、自分たちの意に染まないことは全て一括りにして「妄言」と言って片付けようとするが、

「妄言」というのはそもそもが「根拠もなくみだりに言う言葉。でまかせの言葉。」という意味であるから、どこに根拠がないとするのか、どこがどうでまかせの言葉だというのか、論拠を挙げて説明しなくては反論とはならない。

要するに説明ができないから逃げ口上として使っているに過ぎないということになる。

妄言は虚実と現実の区別がついていないが、戯言は嘘だと知っていて冗談で話すことだということになっている。

基本的に日本側は、外交に関わる話をするとき、戯言は言わない。ちゃんと資料に基づき証拠があることをいっている。

反論ができないことは確かに悔しいことではあろうが、証拠があることはいかに言い繕おうとしても変えようがないことを認めた方がよいと思う。彼等こそが妄言を弄しているのではないのか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.