FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

語彙力をつけないと勿体ない
 美しい日本語は、言を待つまでもなく大切であるということに否やはありません。
 言葉を磨くということも、大切なことです。
思考は、言葉を通じてなされますし、思考は潜在意識に刻まれて実体化するといわれているからです。
 そうだとすると、望みを叶える前には、もう少し語彙力をつけることも必要なのではないでしょうか。

最近の若い人の話を聞いていると、すげ~、おいし~い、かわい~い、~なんだし~ なんて変に引っ張った言葉や、きもい、うざい なんていう創作形容詞の飛び交いが殆どで、ほかの単語が聞こえてこないことが多いようです。
若い人たちの感性は優れているのだから、表現力を磨かないと勿体無いと思うのです。もっと国語を勉強しましょうネ。

なかには、モロ哲学っぽい議論をしているむきもあって、聞いていて感心することもありますが、言葉遊びに留まってしまっては、これもまた勿体無いこと。
誰も見ていなくても、身につけたことが実社会で世の為になるというのは素晴らしいことなんだと思うのです。

言葉を取り戻すのは今のうちなんじゃないでしょうか。
乱れが続けばそれが定着してしまいます。言葉は一種の波動ですから、玄妙なところで精神や肉体に影響を及ぼすかも知れません。

美しい言葉は、幸せをも運んでくるでしょう。
人間は太古の昔から、音楽にしろ芸術にしろ、つまるところ美を求めてきたことは、それが幸せに結びつくことを願ってのことではないでしょうか。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.