旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

防衛しないで良いというわけには行くまい
</a>なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのかl" target="_blank">http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.htm<a href="

 

人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

 

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

 

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

私が書いた小説 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

宣戦布告なしでいつでも戦争状態に入れるのだというのが、国際法での立て付け上の解釈になる。極めて危険な状況だと理解しなくてはなるまい。戦時下にあるのである。

しかし、北朝鮮はこれを無効であると、既に宣言してしまっている。いうなれば戦闘行為がない状態での戦時下にあるということになる。

北朝鮮対アメリカを中心とする連合国側は、休戦協定を結んでいた。(韓国は、協定署名の当事者にすらなっていない。)

 

核兵器を持ったとして、世界で唯一それを使うことができる権利を有しているのは日本だけだということもある。(核攻撃は、された側にのみ報復権がある。)

更に言えば、核兵器を保持すれば、それはもっと有効であるに違いないが、さすがにそこまでは踏み込めまい。

武器の購入が高いというのであれば、独自の攻撃兵器を整備して抑止力としてか使うようにしたらどうだ?という意見を言う人はいない。

日本のロケット技術をもってすれば、それは可能であろう。

 

安く済ませる方法はある。それは攻撃兵器を作ることである。

攻撃兵器より防御兵器が高くなるのは当然である。自国でそれを開発するということになれば、更に高くなることは考えるまでもない。

 

攻撃されたら黙って滅びろ!といいたいのなら、自分だけにして、他を巻き込むなというのが本音に違いない。

金が掛かる位なら死んでもいいんだというならそれでもいいが、そんな人は少ない。

防御態勢が十分でない弱点を補うために、イージス・アショアを購入装備することを、さもさもアメリカから高額の兵器を押し付けられているのではないかとして、反対を唱える人がいるが、では、どうしたら良いのかということは言わない。

この攻撃を無力化できるとなれば、その備えは抑止力としても働く。

核を搭載したミサイルを迎撃して破壊することは、国民の生命財産を守るためには絶対必要なことになる。

 

他国の指導者をまさかそう呼ぶことはできないが、自国が崩壊しそうな状態を迎えて切羽詰まれば、最後っ屁ではないが、共倒れを狙う恐れは十分に予測できる。

刃物どころか、これが核兵器だということになれば、危険さの度合いは桁外れとなる。

キチガイ(差別用語?)に刃物、という。危ないことを端的に表す言葉である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.