旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

滅びても良いと思う人は勝手だが

北朝鮮のミサイルが脅威であることは、誰が何と言って誤魔化そうとしても、紛れもない事実であることを否定できまい。

更に危険なことには、それに核を搭載する恐れがあることである。

 

日本は大丈夫だなどとお花畑のようなことを言う人たちは論外として、「アメリカが何とかしてくれる。」と言う人が多い。それも、普段反米的な言辞を弄している人たちに多いのは何故だろう?ご都合主義が過ぎるのではないか。

自分のことはじぶんでする。人様に迷惑をかけない。というのは人としての基本なのに、人任せにして平気な二面性を見せるのには呆れるほかない。

 

ヤクザ者が脅しをかけてきたら、言うことを聞いていれば何事も起こらないとでも言っているに等しいことを主張する人たちを肯定するわけには行くまい。

自衛ということを真剣に考え、対処方法を講じることが右傾化だと非難されるのは、極めて不思議なことに思える。

それが右傾化だというならそれでも良いから、攻撃に対する防御を固めるなり、攻撃そのものをさせないこちらサイドの攻撃力を保持すべきなのではなかろうか。

 

死んでも滅びても構わないという人はそれでもいいが、大多数の人の本音はそれとは逆なのだと思う。

政局にして争うような問題ではないのだから、一致協力して最善を目指して欲しい。

その備えをすることは、争いを避けることに結びつく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.