旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

日本人はそんな蔑称くらいではびくともしない

レイシストがどうだのこうだのと言いながら、日本人を蔑称で呼ぶ言葉というのを数々持つ国というのがある。

差別が良くないということは知っているが、日本人は蔑称で呼ばれても、さして腹を立てることは無いようだ。

蔑称で呼ばれても「あっそう。」くらいで相手にもしない。

そんなことにはビクともしない誇りがあるからだと思う。

 

日本人を罵る蔑称とその語源を調べてみると、

 

「チョッパリ」

日本人たちが和服を着る時に履く足袋が豚足に似ているからだという。

 

「倭人」

日本の人々、特に日本の男性に対する蔑称で、倭は小さいという意味を持つらしい。

 

「島夷(ドイ)」

朝鮮時代の日本人に対する蔑称。島の野蛮人という意味の言葉。

 

「日本鬼子」

中華圏の人々が日本人を馬鹿にして呼ぶ名称。大まかに翻訳すると、悪魔のような日本人

 

「小日本」

は中国語で気が小さいとか親しい人同士の愛称でも使われるが、日本の前に付けると度量が狭いとか背が低いという意味になる。

Jap」「Nip

JapanとかNipponというのを縮めて呼ぶ。

 

これらの呼び方をしても日本人は一向に平気でいるから、中国では悔しがって、最近「韓人那」というのを拵えたらしい。韓国人に似ているということである。

 

日本人に限らず、世界諸国人が共通して嫌うのが「朝○人みたいだ」といわれること。自国民たちすらそう言われるのは厭らしい。

自分が敵わないことを認めて努力することもしないで、他を蔑むことによって自分が高まることもなければ優位に立てるなどということは決してない。自らの悍ましさを露呈し助長するだけである。

他国に対する蔑称というのを沢山持つ国というのは、つまるところ軽んぜられる。

 

日本人であるなら、他国人を蔑称で呼ぶことは絶対避けた方が良い。日本人の品格が落ちる。

口の悪い人は「チョン」だとか「トンスラー(人糞から作った酒を飲む人)」だとか「人もどき」だとか「穢便器(エベンキ)」だとかいうが、それで益することはひとつもない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が書いた小説 

ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。

どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。

幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。

http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

 

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。

http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

 

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html

女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?

人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。

人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

 

<a href="http://www.kng2321-cbs.com/why%20cleaning%20.html" target="_blank">なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか</a>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/14d1335c.162f2991.15374e21.191613ac/?scid=af_shop_img&link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJwaWN0IiwiY29sIjowLCJ0YXIiOjEsImNhdCI6IjQ0IiwiYmFuIjoiNDYwMTM3In0%3D" target="_blank" style="word-wrap:break-word;"  ><img src="http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hsb/14d1335c.162f2991.15374e21.191613ac/?me_id=1&me_adv_id=460137&t=pict" border="0" style="margin:2px" alt="" title=""></a>

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.