旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

親日国インドで
安倍総理がインドを訪問して大歓迎を受けているニュースは、マスコミでは報道されなかった。
市民が9キロメートルにも及び日の丸の旗を振っての歓迎パレードは、外国首脳の訪問に対して破格のもてなし方と言える。
インドが英国から独立することに功績のあったチャンドラ・ボースとの縁もあって、もともとが親日国ではあるが、ずっと友好的な関係を続けてきたことにもよる。

今回の訪問は、日本の技術とインドの人材を結びつける高速鉄道開発に対する日本への期待と、中国が近隣諸国への脅威となっていることへの連携した対応を図ることを含めて、インドが如何に日本を大切に思っているかが判る大変な外交成果をあげたのだと思う。
マスコミ各社は、安倍総理が実績をあげ、国民の指示が復活することを何としても防ぎたいらしいから、報道されなかった。

しかし、外国が日本をどのように遇しているかということを伝えないというのは、問題が残る。
報道しない自由というのでは、日本国民が諸外国に対しての認識を誤る元になりかねない。

反日的な物であれば探し出してきてでも報道している姿勢と比べ、偏りが過ぎる。
そんなことだから、北朝鮮がミサイルを発射したのはアベ(本当にこのように呼び捨てで書いたらしい)の所為だなどという頓珍漢なことを平気で言う大学教授まで出てくる。
おろかにも、そういうのは残らず取り上げて報道する。

ニュースでは詳らかに報道しないが、金正恩氏が言っているとされるのは、「核兵器で列島を海に沈めろ、と国民が言っている。」というのが翻訳した時の全文なのだという。
必ずと言っていいほど「国民が言っている」というくだりを付けているのだという。
相手は、言い方が実に狡猾巧妙で強かなのだということを知っていた方が良い。

平和ボケしたのか、日本のことはどうでもよいとしているのか判らない党や一部マスコミに、日本を任すわけにはいかないではないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.