旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

衆議院の解散総選挙があるらしい
衆議院の解散総選挙があるらしい。

今までさんざんに内閣不信任だの解散総選挙を迫っていた野党が、いざとなると「大義」がだの「森友・加計学園問題の疑惑隠し」だの言って慌てふためいているようだが、大義というなら解散は総理大臣の専権事項であるし、「疑惑隠し」などと言っているのも笑止に思える。
今まで重要法案の審議をストップしてまで散々それをやってきた結果が、野党の支持率を失墜させた原因なのではないのか?
それを争点にして選挙戦をやってみればわかる。呆れ果てた国民から愛憎盡かしされて、議席は今以上に極端に激減するのではないかと思われる。

選挙ということになれば、公約を掲げ争点を明確にするということになるのであろうが、それを消費税増税とするのはやめてもらいたい。
デフレから脱却できないのは、消費税を上げたからではないのか?
「消費税減税」か「憲法改正」を争点にして、真剣に国民が議論をする機会をそろそろやってもいいのではないのかと感じる。

国を守ることもできなくて何が政治だ、というのを実感している人が多いのではなかろうか。
なにしろ窮迫の脅威が現実化しているのである。
自分の意に染まなければ、叔父であれ兄であれ主要官僚であれ簡単に粛清してしまう狂気の独裁者が核兵器をもって脅してきている。彼ならそれを使いかねない。

防御を万全なものにするには待ったなしであろう。
お花畑のようなことしか言えないしできない人たちに、国を任せるわけにはいかないではないか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.