旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

今しかない選挙の意味
もうすぐ総選挙の好餌がされるが、かなりごちゃごちゃな選挙になりそうな様相を呈している。

自民党が憲法改正に向かうのを何としても阻止したかったマスコミも、かなり戸惑っているように見える。
都知事選や都議会戦で反自民というだけで小池氏を応援していたのではないかと思うが、ここまできて、小池氏は自民党よりも強い改憲論者だと今更ながら気が付いた。
民進党は希望の党に合流するというが、その全員を希望の党が受け入れることはなさそうだし、結果的に旧民主党あるいは民進党に所属していた議員は、現状よりも議席数を減らすのではなかろうか?
小池代表は、いままでのように虐められているというイメージから脱却して虐める側の立場となったように感じる。
さあ、どうする?
リセット流行りだから、合流することをリセットして、民進党として死に物狂いで戦った方が減少する議席数は少ないのではなかろうか。

小池氏は凄腕である。
安全保障や憲法改正に反対だと言うリベラル派?を、明確に焙り出してしまった。
選挙後に現与党と希望の党が組んだら、憲法論議は今以上に進む。一部マスコミの思惑からは大きく外れる。
今後の報道がどうなるかが見ものである。

自民党も解散時に上げた理由が「国難突破」ということだったのだから、いっそのこと「北朝鮮の脅威に対処するため」と明確にその理由を説明して戦った方が、国民の支持を得やすいのではなかろうか。平和ボケしている国民は、緊迫した危険をどこか他人事のように思っているが、そんな現状ではあるまい。
国防は、経済問題や税金問題なぞと比べて最優先される課題なのである。
防衛力を高め、報復力をも備えることが抑止力となるのは当然であるが、その方向に進むには民意を問うことが必要となる。
万一の事態に対する備えというのは、今のままでは頼りなさすぎる。

選挙に関連した各党の議論を聞いていると、選挙戦略上の応酬ばかりで、核心から外れた枝葉でのやりとりに終始しているように感じる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.