旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

感情を抑えきれないからか
見終わった後に必ずと言っても過言ではないのに、懲りもせず韓国ドラマのサイムダンというのを見ている。
彼の国のドラマは、いずれも権謀術数の限りを尽くし、徒に駆け引きを繰り返して、結果的に最悪な事態を招くというのが常である。
信頼しあえる人が出てくることは殆どない。
筋立ては面白いし、結果がどうなるかという恐いもの見たさで、続きを見ている。
大自慢でそれらのドラマを諸外国に輸出し、気が付いてみたらそれら諸国が嫌韓に傾いているといわれる事態をどう把握しているのだろう?
不思議な国民性であると感じてしまう。

捏造慰安婦問題騒ぎもそうだし、竹島問題も自分たちが騒がなければノッピキナラナイ状況を迎えることにはならないものを、自らに引け目があると感じているからか無茶苦茶な理屈をこね回してごねているようにしか見えない。
その延長線で、重大な経済問題に直結しかねないスワップ終了も、自らが選んだ。
中国は、昔からその民族性を熟知しているから、躾けなおしにかかった。経済制裁は更に凄まじさを増しそうだし、そうなれば韓国経済は持ちこたえられまい。
米国も呆れて匙を投げそうな様子を見せている。
どうしていつも、悪い方に悪い方にと舵を切ってしまうのだろう?
北朝鮮の脅威にどう対処しようというのだろう?

どう考えても、一番頼りになり一番信頼がおける日本を敵視し、親日罪を作ったり、次々にタカリの材料を探し出してきて、日本人の反韓感情を募らせているようでは先の発展は望めまい。

韓国は日本にとって、重要な安全保障上の地勢に位置しているから、普通にしていれば、日本側は協力を惜しまないと思うが、今のままでは断交もやむなしという人が増えるばかりである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.