FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

そんな煌びやかであったとは思えない宮廷ドラマ
韓国人が有り難がり大自慢している「李氏朝鮮」て何なのだろう?
彼らは、その成り立ちを知ったら精神が崩壊しかねないから知りたがらないし、捏造してでも理屈を付けて綺麗ごとで誤魔化そうとしているが、我々は概略であっても歴史事実くらいは知っておいた方が良い。

韓流ドラマを見ていると、華やかな衣装を纏った宮廷文化(中身は自己中心的な権力闘争ばかりで嫌らしい)が描き出されているが、500年も続いた末に日本に併合された頃の写真を見ると、首都のソウルでさえ貧民窟そのもののように荒れ果てて薄汚くみすぼらしい。
本当に、自慢できるほどの発展した文化などというものがあったのだろうか?

写真は事実しか映し出さないのに、それとの乖離が激しすぎて説明できない。
それこそ信じられないくらい夥しい数の写真が残っているが、中世以前の未開発国さながらの様相しか写っていない。風景も民衆の姿も数多く映されているが、いずれもこれが文明国だとはとても思えないものばかりである。(ネット上でいくらでも見ることができる。)
実際に貧乏過ぎて染料は買えないから、白い衣服しかなかったという説が立証できてしまう。
因みに、写真は日本が撮ったものではなく、その殆どは外国人旅行者が撮ったものである。
(どうでも良いが、ついでに写真のことをいうと、多分日韓併合後すぐのことだと思うが、美人宝鑑という雑誌があって、当時の韓国美人と言われた女性の写真がズラリと並んでいる。現代の韓国美人と較べて、余りに容貌が違うのに驚く。整形は勿論されていない。)

李氏朝鮮は、高麗王朝の将軍であった李成桂が国を裏切り、国王を捕らえて殺したことから始まった。その後自分の兄弟たちも殺して建てた国なのだという。
どう言い訳しようと反逆者である。
日本でいえば鎌倉時代末期から室町時代にさしかかる1300年代のことである。
高麗王朝は、蒙古・元の系列にある国であったが、元の衰退を見て中国の明に付こうとした李成桂により、明の属国としてできあがった。国号も明にお伺いを立てて決めてもらった。
朝(貢物)鮮(少なし)。最初から軽んじられていた。
成り立ちは反逆であったとしても、その後に善政を敷き、国の発展に尽くしたとか国民が豊かになったとかいうのなら別であるが、全く逆であった。

高麗は仏教を基にしていたが、朝鮮は仏教を迫害・廃止して儒教を重んじた。
それはそうだろう。自分のことを考えたら、忠孝を大事にする儒教を採用せずばなるまい。
我が身に引き比べ、いつなんどき同じような反逆者が出るかわからない。反逆というのを心底恐れたに違いない。
問題なのは儒教の考え方である。手足には頭が無い、働いたり物を作るのは卑しいことだとして、手足として酷使する対象として民を位置づけ、頭を使うのが偉い人であるとして両班が君臨した。
両班と称する1割程度の貴族階級が、あとの9割を支配して暴虐の限りを尽くしたということである。決して自らが働くことはなかった。
何も汗を流さない両班の言うことに命がけになれる筈がないから軍は極端に弱く、戦って一度も勝ったことが無い。

逃げるだけしか能がない軍しかないことから、他国から侵略されないために採った方法は、貧乏で魅力がない国でいるということであった。
発展できるわけがない。高麗が終わった後は、木を曲げる技術すら絶えたというから、桶も車も水車もなかった。

韓国人が大自慢するハングル文字も、世宗大王が作ったとされているがパスパ文字のパクリだとも言われているし、何よりも諺文(おんもん=卑しい字)だとされて使われなかった。
世宗大王と言えば、1400年代は日本で言えば室町時代。
日本には7世紀から8世紀の奈良時代には万葉集があり、その後には世界最古の文学とも言われる源氏物語があるが、ハングル文字による文学などというのはひとつもない。
全く使われていなかったという証拠でもある。

それはそうだろう。日韓併合のときの韓国の識字率は僅かに3パーセント。識字率を上げるために捨てられていたハングル文字を日本が発掘してきて、教育に役立てたというのが厳然たる事実なのだから・・・。
日本が韓国の文字を奪ったなどというのは、とんでもない言いがかりだが、彼らはそれを決して認めない。近年は漢字まで廃止してしまったから、自国に僅かに残っている漢文の資料さえ読めなくなっているのではないのか?

中国の隣に位置していたことだけで小中華を僭上しているが、いくつかあった属国の中で最下位の属国であり、明や清の使いが来ると、そんな使者に対してでさえ朝鮮王自らが出迎え、地面に這い蹲って三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)という屈辱的な姿を晒さねばならなかった。
そういう軛から解放されたのは、日清戦争以来の日本のお陰ではないか。日本は血を流したが、韓国は1兵も出さなかった。それでも下関条約により、韓国は独立できたのである。

自国では決して不可能だった近代化もそうである。
植民地支配されたと言い張るが、植民地とはどんなものなのか知っているのか!!
経済的な簒奪などできるような国ではなかったし、日本がつぎ込んだ資本投下の方が圧倒的に多い。インフラ整備も教育も日本が全てやった。
併合後数年で劇的に変わったことを写真は如実に語っている。
ロシアに席巻されそうな状態であったのを日本に泣きついて併合してもらったお陰であり、国際法上も認められていたというのが事実である。
日本は、地政学的に見て安全保障上の必要があって併合したのであって、植民地的な考えからの見方をすれば、今もまだ損をし続けている。
日本に感謝するというならまだしも、日本を恨むなどということは、筋違いも甚だしい。
正しい歴史と言い立てるなら、そこから認識しなおさなければなるまい。

北朝鮮に共同で対処しなくてはならないのに、今一つ信頼できないところがある。
レッドチームの側に行くというなら仕方ないが、言動が一定しない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.