FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

紙から鉄の5倍の強度をもつ原材料
先日打ち上げに成功した人工衛星みちびき4号機が加わることで、合計4基の衛星が連携して稼働することになり、日本のGPS精度はマッチ箱大のものまで解析でき、誤差は6センチだという。国防上も重要な意味を持つ。

セルロースナノチューブという技術を確立しつつあるという。紙の延長線上にあるというが、これは鉄の5倍の強度を持ち、7分の1の重さで物を作ることができるという。
日本は国土の70パーセントが山林であるが、そこに育つ樹木の3分の2は植林などにより人工的に管理されていることから、原料の継続確保も容易なのだという。

マグロの完全養殖には成功しているし、ウナギのそれも続くに違いない。
日本にはその他にも、カーボンナノチューブ、カーボンナノベルト、特殊鋼、精密工作機械、電磁石、電池など数多くの他国が追随できない技術があるのだという。
これらは、地道でたゆまぬ努力が積み重なってのことである。
働くことを美徳として考えてきた国だからこそ、為し続けられる。

最近気になるのは、日本が有する特殊技術を擁する鉄鋼や電子技術の大企業に不祥事が発覚することである。
日本人が物作りに取り組むとき、基本的にゴマカシをすることがあるとは考え難い。
ハメラレタのではないのか?と感じる人が多いのだという。
不祥事があってそれが問題になれば、企業の命運にも影響が出るし、株価も下がる。
外資が入ってくることで、門外不出の技術を他国が簡単に手に入れることができるという戦略というか謀略があるのではないのかと危惧してのことである。

いろいろ防衛しなくてはならないことが多いように感じる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.