FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

未だに覇権を続けている国なのか?
トランプ大統領に何か問題が起こると、なぜか嬉しそうに報道するAテレビというのがある。
習近平主席に何か問題があっても、持ち上げることこそすれ、批判がましいことは言わない。
偏りがあるということは、ある意味、見ていて非常に解りやすい。

外交問題に詳しいわけでもないし、細かいことがどうなっているのかは解らないが、ニュースなどを見ていると、大まかに判ってくることがある。
民間会社が市場原理に従って経済活動するわけではないから、中国は鉄鋼とセメントが過剰生産され在庫は膨大となって、その処理に困った。
尤もらしい理屈をつけて何とかしようとして捻りだした方策が、一帯一路でありAIIBであったのではないのか?
大口を叩いてもその実態は自前で資金を調達できないから、何とか日本と米国を引きずりこもうとしたが、それには失敗した。
最初の内は構想に賛同して参加した国も多かったが、段々に底を見透かされ、英・仏・独の欧州主要国は、その調印を拒否しているという。
それはそうだろう。強烈な情報機関を有している国々なのである。
AIIBのバスに乗り遅れるなと大騒ぎした人やマスコミは、それを取り上げることをしない。

北朝鮮も脅威だが、現実的な脅威は中国の行動にもある。
尖閣もそうだし、石垣市の漁民は自国の海なのにそこで漁ができないという現実がある。
周辺諸国への継続的な軍事的侵略は、大戦以後の大国としては、中国しかしていない。

何としても海に出たいと思っても、日本が邪魔になる。
覇権的行動を憂慮して、日・米・豪・印の同盟ができてしまい、東南アジア諸国も昔から信頼できる日本を頼りにして包囲網ができてしまった。
蝙蝠外交をする韓国は信用できないし、北朝鮮は言うことを聞かない。
北の大国であるロシアの抑えというのは更に厳しい。
即ち、孤立してしまっているのである。

日本と友好的につきあわなければどうにもならないと思うが、そういう選択ができにくい国内教育を続けてきたから、それをするのには躊躇いが出る。
無理して海に出ようとしたら、今まで虐げてきた内陸部の勢力から背後を突かれて身動きがとれなくなることにもなりかねない。
ざっと大雑把にみてそういうことなのではなかろうか?

大国を自称するなら、どこからも信頼されるような振る舞いをしない限り、先が見込めない状態なのだと思うが、如何だろう。権力闘争に明け暮れていたのでは、国民が無視される。
素人考えだと一笑に付すことはできまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.