FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

何にでも注文を付けて不機嫌なひと
人は、人が真剣になっての立ち居振る舞いに感銘する能力というのがある。
しかし、人の思いというのが伝わるのには、多くの場合言葉を介してということが多い。
言葉というものにはある種の魔力というものが有るように感じる。

だから、感想を述べるときには気を付けた方がよい。
例えば、美味しい料理を食べたり、芸術品に触れたりしたとき、すぐに感想を口にする人というのがいる。
それはそれで悪いとは言わないが、一旦言葉として口に出すと、それは自分の行動を縛るようになる。本当はもっと深いものがあるかも知れないのに、そこに気づく機会が失われる可能性だってある。
更に言えば、自分が言ったことが、他の人の感じ方にまで影響を及ぼす可能性のある立場の人は、口に出す前に一呼吸の間が必要なのかも知れない。
さして意識しないでそんな物言いをするのは、ある程度、道を究めた人に多いように感じる。

料理の味がわかると自任している人に、特に多いように感じる。
味がわかるから、自分の口に合わない時に、何かと注文をつける。他人がどう感じているかは意識の外にある。その味が好きだと思っている人がいるということなどは考えない。

自分が他より優れていると威張りたいレベルの人ならそれでも良いとしても、そうではないのにそれを続けた人は、何を食べても美味しいと感じることができなくなったかのように、どんな美味しいものを食べても不機嫌な顔をしているようになっているとしたら、それは自分だけにその知識や能力を囲い込んだままでいるからである。
判ることからくるその喜びを、周りにも教え、享有することを考えないと、楽しくはならない。

絵でも音楽でも舞踊でも、判る人は至らないところばかりが目に付くのは仕方ないか、感動するところは述べず、批評することの方が多いようになっていたら、気を付けたほうが良い。
折角努力して身に着けたもので、他から疎んじられることになりかねない。
見方によれば独善とも見て取れるからかも知れない。
傍から見て幸せそうには見えないとしたら、思い方や振る舞いを自省した方が良いと感じる。
なぜなら、自分が出した悪い波動は自分に返ってくるからである。

極めることが大切だということも、解かるということも大事だが、そこから先のものが有るかも知れないとしたら、或いは判ることの喜びや楽しさを自分だけのものにしないということまでを意識したら、バランスをどう捉えるかということになる。

違う言葉を使ったらどうなるかということでもあるが、伝えるためには言葉だけで表現しきれないものが有るのだと思う。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.