FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

どこを対象にどんな調査をしたのだろう?
マスコミが安倍内閣の支持率は低いと事あるごとに口にするが、どんな調査をどんなところにした結果なのか全く判らない。
それが全体に占める割合がどうなのか?ということも信頼しきれない。
少なくとも、私の周りにいる人たちは圧倒的に安倍内閣を支持していると思われるのが実感である。現況下の国際問題に対処するには安定政権が必要であり、米・中・露の首脳と対等に渡り合えるのは安倍首相しかないと評価している。
好き嫌いの問題とは違うのだという。
マスコミは、憲法を護れというその舌の根の裏では、憲法の規定する議会制民主主義を否定しようと目論んでいるということなのであろうか?

安倍氏の政策は、戦争を避けるためにどうするかということで、ブレずに一貫していると見ているのである。この国難のもとでは、そこを信頼しているのであろう。
憲法問題も公約に上げていたし、自衛隊をどう位置付けするのかも、もうハッキリさせずばなるまい。

オバマ大統領の戦略的忍耐とやらは、北朝鮮に核開発とミサイル製造を可能にしてしまう時間的余裕を与えてしまったし、中国が南シナ海に人工島を構築してそこを基地化してしまうのを放置してしまった。

韓国も、金泳三大統領の弱腰によって、クリントン大統領による北朝鮮の脅威を封じ込める機会を失った。

日本も、民主党政権時、中国による尖閣問題に譲歩し過ぎた結果、石垣市の漁民が自国の海で漁ができない。

古くは、英国のチェンバレン首相は宥和政策による解決を図り、ドイツとの戦争回避を優先させたが、ドイツの新ry句戦争を阻止することはできなかった。

やるべきときに覚悟を決めてやらねばならないことを先延ばしにすると、結果的にはのっぴきならない事態を迎えて、そこで甚大な被害を蒙らねばならないということではないのか?
話し合いの場に如何にして出させるか、ということである。圧力は必要だと感じる。

議席数を減らしたにもかかわらず、共産党は、会見の発議すら許さないと言っているが、それこそ憲法を護らないと公言しているに等しいではないか。
与党が会見の発議ができる議席数を選挙によって得たという現実を無視するというのか?
与党は、野党にも議論を尽くして欲しいと言っている。
改憲が必要だと思うところが全くないというのでなければ、条文に盛り込む案を提示するべきだし、全く必要でないというなら、堂々とその説明を尽くすべきで、話しすらできないというのでは、益々国民の支持を失う。
最後の判断は、国民がするのであって、マスコミがするのではあるまい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.