FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

ご家庭でのお掃除の勘違い
ジュウタンに付いた汚れを落とそうとして、かえって汚れの範囲を広げてしまったりしていませんか?

Ⅰ.絨毯・カーペットのシミヌキ

1. こぼしたばかりのとき
早く拭き取らなくてはと思うあまり、塗り広げてしまったり、汚れを深く浸透させてしまったりしがちです。乾いたタオルなどで、外側から中心に向かって時々タオルの面を変えながら、汚れをタオルに移しとるように押さえて水分をとるようにしましょう。

2. 乾いてしまった汚れ
水性の汚れか油性の汚れかを判断する。タオルを水で硬く絞って汚れの上から押さえてみて、汚れがタオルに移れば水性のよごれ。移らなければ油性のよごれであると推定できます。水性の汚れは中性洗剤、油性の汚れは溶剤で落とします。

A. 水溶性の汚れ
1. スプレー容器を2本用意し、洗剤は棒状に、水は霧状に噴射されるようにノズルを調整する。

2. 水で堅く絞ったタオルを汚れの上にかぶせ、上から軽く叩いて、少しでも移る汚れはタオルにうつしとる。(濡らしすぎると、汚れの範囲が輪ジミとなって広がってしまうから注意する。)

3. カーペット用洗剤10倍希釈液を、棒状に噴射するように調整したスプレー容器を使い、汚れの外側から内側に向かって少量噴きかける。(少しづつ何回にも分けてやるのがコツ。)

4. 乾いたタオルを畳んで汚れの上に当て、タオルの上から硬い目のブラシを汚れの外側から内側にローリングさせるように押し当て、汚れをタオルに移しとる。タオル面は、綺麗な面をこまめに移動させながら使う。
上記3,4を汚れが落ちるまで繰り返す。

5. 汚れが落ちたら、清水を真上から霧状に噴霧し(濡らし過ぎないように注意)、4の方法で水分を吸い取る。

B. 油容性の汚れ
1. カーペット用溶剤を蓋つきの広口容器に20~30cc移す。

2. 溶剤をブラシ(歯ブラシ程度のサイズ)で、汚れの外側から内側にむかって塗布する。
この作業も少しづつ丹念に進めます。

3. カーペット用洗剤10倍希釈液を、棒状に噴射するように調整したスプレー容器を使い、汚れの外側から内側に向かって少量噴きかける。(少しづつ何回にも分けてやるのがコツ。)

4. ここからの手順は、上記「A.水溶性の汚れ」の4と同じです。

5. 汚れが落ちたら、「A.水溶性の汚れ」の手順に準じた作業を繰り返します。


Ⅱ.壁面の汚れ

壁の汚れ落としは下から上に、1㎡くらいの広さに区切ってだんだんにというのが、
仕事のやりかたです。

1.



2

3 埃は最初浮遊していたものですが、段々に付着吸着され、染めついてしまうのです。
初期の段階ならハタキで落ちたかも知れないものが、染み付いてしまうと厄介です。
ですから普段のこまめな掃除が大事なのです。

洗剤を使う前に、まずハタキや掃除機で可能な限り汚れを落とします。

スプレーボトルに洗剤を溶かし(最初は薄い濃度から)、1㎡位ずつ壁の下側から
スプレーして水拭きします。(スプレーでやるのが、一番効果的)
広範囲にやらないことと、下から段々に上という順にやるのがコツです。
洗剤が流れ落ちた液垂れ跡は、なかなか落としにくいのです。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.