FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

抱き着き詐欺にしか見えなかった映像
慰安婦合意は守られることはなさそうである。慰安婦像の撤去はますます難しくなった。
トランプ大統領の晩餐会に臆面もなく慰安婦を招待していることからみても、合意は反故にする気満々である。
国民情緒法とかは、国際法をも超越するらしい。

ウィキペディアによると、大韓民国における売買春は、法的には違法であるが、実態はかなり問題含みのようである。
韓国女性政策研究院によれば、韓国における性売買の規模は2007年には合計14兆ヴォン(130億米ドル)と推計され、これは韓国国内総生産(GDP) のおよそ1.6%に当たるのだという。
2007年の売買春における取引回数は9千4百万回と、2002年の1億7千万回から減少したが、法的制裁と警察による取締にもかかわらず、売買春産業は韓国で栄え続けており、売買春産業に従事するものは国の活動に対して活発に抵抗し続けているという。
1989年のYMCAの調査では、売春女性の数は、15~29歳の女性620万人の約1/5に当る120万~150万人にもなり、売春業の年間総売上高はGNPの5%に当る4兆ウォンを超えるという報告が出ている。世界の常識からみれば異常であろう。
韓国の男性の相当数は「買春は社会生活の一部」と考えており、女性家族部がソウル大学女性研究所に依頼して実施した2010年性売買実態調査によると、買春経験者は49%で、買春回数は8.2回だった。
国内のみに止まらず、海外でもとかく取り沙汰され、売春の摘発があると、必ずと言って良い程に同国人の国籍が出てくる。外貨稼ぎに一役買っているとまでは思わないが、慰安婦問題で大騒ぎするのと比べ、その意識にどんな差があるのかの疑問が起こる。
慰安婦を騒ぐその裏では、自前の「洋公主(ヤンコンジュ)」爆弾を抱えているし、ヴェトナム戦争時における「ライダイハン」は、いよいよ国際的な糾弾を受ける羽目になろう。
自らのことを棚に上げて、捏造した日本叩きの国策は段々に底が割れて、引っ込みのつけようもなくなりつつあるが、自業自得である。
あろうことか、韓国内では未だに売春を認めろというデモが起こるというが、考え方が違うのだろうか?
李朝時代にも妓生は国境守備将兵の慰安婦としても活用され、国境の六ヶ所の「鎮」や、女真族族の出没する白頭山付近の四ヶ所の邑に派遣され、将兵の裁縫や酒食の相手や夜の共寝をし、士気を鼓舞した歴史を持つ国であるから、そうそう簡単ではないのかも知れない。
それが人権だとでもいうのだとしたら、そういう国民性なのだと理解するほかないが・・・
頭に血が上って冷静に歴史事実の判断もできなくなって他国を貶めるようなことばかりやっていると、藪蛇にしかなるまい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。この続きがあるのかどうか、今のところわかりません。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.