FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

洗う

 清掃のなかには、洗うということが大きな部分を占めています。

 心を洗うということもよくいわれるが、洗うということには。いろいろの意味がある。

 

 さて、食べ物を洗うということについてですが、体の中に入れるものは出るものとは違い、何であれそもそもが綺麗なのではなかろうか。

 それでも、洗って綺麗な方が美味しいことはちがいない。

 

 宮崎県串間市の幸島(こうしま)の雌サルが、あるとき餌の芋を洗って食べることを覚えた。泥や砂がついていないことは、さぞ口当たりがよかったことだろうが、身内のサルを経由して島全体のサルに伝わった。それが100匹を越えるころになると、突然、海を隔てた大分県の高崎山の猿に伝播した。

猿のことであるから、電話もTVも手紙もないのにである。

 この101匹目の猿の話は、シンクロニシティの説明に使われることが多い。

 よいことが皆に広まって、誰もが幸せになるというのは喜ばしいことではある。

 

 話はがらっと代わり、昼食を摂ろうと会社の外に出たところ、道路のそこここにカップラーメンの空カップが、捨ててある。

近所にある高等学校の生徒が、コンビニで買い求めて食した後、置いて帰ったものである。

誰が片付けるのことになるのかは、意識にない。自分には関係ないというわけである。

 一人一人のときにそんなことはしないが、何人か群れると、イキがって恥ずかしいことでも平気でする。

他人への慮りなどという人間のもつ徳目などどこへやら、互いに戒めあうことなどさらさらなしに「自分さえよければ、」という育ちの悪さが如実に現れてしまうところが情けない。

 猿にも劣るこういう行為も、やる人が増えて伝播したのだろうか。

 私権は公共の福祉に従うということが、絵空事であっていいはずはない。

 でも、話をしてみると本当はいい子が多いのも事実。ワルぶらないと仲間の付き合いができないという風潮を、どこで断ち切るか。微力をつくしてはいるけれど、先は長い。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

hasu-kumoのもも87です。
blogに訪問してくださってありがとうございました。

現在の「自分が良ければそれでいい」という風潮は多分に私たち大人の責任が大きいと思います。(大人でもそういう方を良く見かけます)
私は昭和41年生まれで、社会は高度成長期でした。でもまだ、家族の中に知恵が豊富な年寄りがいたし、悪いことをすれば親以外の大人に叱られました。自分の親もよその子を叱っていたし、親同士「お互いさま」っていう感じでした。そして親には「人様に迷惑をかけるな。」「お天道様が見ているよ。」と言われて育った最後の世代です。

現在子育て真っ最中ですが、まず親が行動するべし。と思います。子育ては相当な覚悟が必要です。放任だの自由だのと言って、子育てを放棄している人が多いのも問題。そしてそういった状況を理解していないのも大問題。子供にいくら口で言ったって理解しません。出来の悪い親ですが、出来の悪いなりに努力しています。

我が家の目の前にゴミ置き場があるのですが、誰も掃除しません。カラスがイタズラして生ごみが散乱します。私の住まいの一帯は住民のつながりが薄いため、掃除当番もありません。なので、必然的にごみが散乱している様を我慢できない人だけが掃除をすることになります。

私も出来るだけ掃除をし、ごみ出しの時にカラスがイタズラしないようにしておきますが、その前を幼稚園の送迎バスに乗せるため子どもを連れたお母さんたちが通って行きます。今まで一度も声をかけられたことはありませんし、掃除をする人が増える様子もありません。

以前娘に、「なんでお母さんが掃除するの?」と聞かれたことがあります。「みんなが使う場所なんだからきれいな方が気持ちいいでしょ?」と言っています。そして、お願いしたわけでもないのに娘は手伝ってくれます。

一生懸命がカッコ悪い。という風潮も同じ構図ではないでしょうか?一生懸命な大人が少ないのでは?

学校の委員や地域の子供会などの活動で、保護者が参加したがらないのも理解できません。自分の子供のことなのに、住んでいる地域のことなのに「面倒くさい」「大変そう」と言い、人任せ。親がこんな状態でいくら子どもに「人のために、社会のために働くべきだ」などといっても説得力はありませんよね・・・
子どもはそんな大人を良く見ています。

昨年の震災は、そんなことを私たち大人に気付かせてくれたのではないでしょうか?人は一人では生きられない。誰かを支え、支えられて生きていくんだって。101番目の猿の話は、だいぶ前に本で読みましたが、ほんと意識は伝染するんです。皆が真剣に考えること。これが大事です。

人生の大先輩に生意気なことを長々と書いてしまいましたが、よろしかったらまたblogを覗いてみてください。お待ちしています。
もも87 | URL | 2012/05/21/Mon 23:05 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.