FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

レッスンすれば効果は必ず出る
最近、ハイドンのピアノソナタ第49番第二楽章が好きになってしまっている。

息子のところに年配のご夫人がその曲のレッスンに来るようになって半年ほどになるが、この曲を先生のような音色、先生のような演奏で弾きたいと熱心である。
来れば途中で息抜きにお茶を飲むくらいで、4~5時間はいつも打ち込んでいく。
親子以上の年齢差はあると思うが、素直に言うことを聞いて取り組んでいるのを隣の部屋で聴いていて頭が下がる。

ピアニッシモと言えども、鍵盤は当然のことながら下まできちんと沈める。
だから息子のピアノは鍵盤を弾くスピードに反応するように調律されている。そういうピアノに仕上がっていないと、微妙な表現はできないのだと彼は言っている。

それにしても教える方も教わる側も、よく集中力が持続できるものだと感心する。
ここにきて、粒の揃った澄んで伸びのある音が出てくるようになってきたと感じる。
求めるものがあるとそれができるものなのだと、改めて感じさせられる。
自分のこれまでに、そこまで打ち込めるものが果たしてあっただろうかと振り返ってみると、甚だ心もとない。そこそこ頑張ってきた人生だったと自分では思うのだけれど・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.