FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

真珠湾から始まったとされているが
日本が真珠湾を卑怯にも不意打ちしたことで太平洋戦争が起こったのだと教え込まれて、それを信じてきていたが、戦後70年も過ぎると隠し切れないものが次々にでてくるようです。
日本人がそんなことをしたのだろうか?と不思議でならなかったことも、いずれは判ってくるのかも知れない。

フーバー大統領の回顧録やマッカーサー元帥の証言からも、「戦争はしない」と公約して当選したにもかかわらず戦争をしたくてしょうがなかったルーズベルト大統領が起こした戦争だったと、米国側からも明らかになってきたようである。
特に日本は叩きたくてしょうがなかった。
戦争を避けたかった昭和天皇からの和平交渉は拒否し、宣戦布告に等しいハルノートをつきつけて、無理やり戦争に引きずり込んだ。
終戦間際にも、もはや原爆を投下する必要はなかったのだとさえ批判されているという。

真珠湾も、むかしは海外旅行時に日本人が立ち寄る場所ではないと教えられていたが、実際に訪ねた人たちが、米軍人から「そんなことはない、日本人は正々堂々と戦ったのだ。」と評価されのを聞くいう。

いろんな都合があって教え込まれたということはあっても、事実は事実としてやがて明らかにされてくるのが歴史というものであろう。
過去は取り戻せないとしても、そういうことをオープンにできる国というのは素晴らしい。

未だに、捏造したことを学校で子供の頃から教え込み、それによって国を導こうと繰り返している国は、ほころびが出たときにどう対処しようというのだろうか?
足元が崩れてしまったら先には進めまいに、自らが努力する前に他を悪としなければ纏まらない国というのもある。残念なことである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.