FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

器は大きくできるか?
「あの人は、器が大きい。」とか、「人間の器が大きくなるようにしなさい。」とかは、よく言われることです。

 器というものは、生れ出た時に既に、一生かかっても入れきれないほどの大きさを、誰もがそもそも持っているのだと思います。即ち、誰のも大きい。

 その大きな器に、何をいれるか?ということの方が問題なのだと思います。
泥水や小石ばかりでは甲斐がありません。
 綺麗な水や宝物が入ってこそ価値があります。

 器は、大きくするより磨いて光らせるものなのだと思います。
 人間の器は、魂の入れ物。それを磨き上げることが、この世に生まれてきた大きな目的なのだと思うのです。
 綺麗な入れ物には、それに相応しいものが自然に入ってくる。

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.