FC2ブログ
旅も登山も風景や花があって、幸せを感じます。豊かな気持ちになれます。

譲歩して貶められる結果を招いたのでは
「金輪際〇〇しない」というように、下に否定語を伴って、決して〇〇しないという用語として使われる。
「金輪際」の元は仏教用語。 「金輪」は三輪と呼ばれるもののひとつで大地の世界を意味し、その下 に水輪、風輪と続き、さらに虚空があるとされる。
金輪際は金輪と水輪の接する部分で 、金輪の最も奥底にある場所を意味した。

その意味から、「底の底まで」「とことんまで」 という意味で用いられるようになり、江戸時代の滑稽本『東海道中膝栗毛』の中で、「聞きかけた事は金輪際聞いてしまはねば気がすまぬ」という記述が見られるように、打ち消しを伴なわ ない表現がされていた。

最近、金輪際御免だと付き合いをやめたく思ってしまう国ができてしまった。
十数年前までは、そんな感情を抱くことは無かったし、仲良くしていこうと思っていたのに、否定的に見てしまうのは、こちらの所為ではない。

経済的に発展してきたことにつれ、そこに至るまでの援助を惜しまなかった我が国への恩義を忘れ、どうやっても追いつけない我が国への妬みからか、日本を貶めることで比較対照的に優位に立とうとすることに国を挙げて血道をあげるようになった国に対してのことである。
何故に優位に立とうとするかといえば、上位の者は下位の者に何でも言うことを聞かせられるという、長きに亘る中国の属国暮らしの中で染み付いてしまった澱のようなものが有るからだと思う。
次から次へと嫌われるようなことをし続け、それによって嫌われると、更に輪をかけて嫌われることを作り出す。
面倒なことこの上ないし、関係のない国まで巻き込んで騒ぐことは迷惑千万なことである。
放って置けば付け上がって事実化しようと目論む捏造まで世界に向かってするから、黙ってばかりもいられない。
もはやDNAレベルとなってしまった性癖が治ることはあるまいが、これ以上の譲歩は金輪際御免蒙りたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私が書いた小説 
ある日突然のように、頭に「これを書け」という声が響いて書き始めた小説「夏風越の(なつかざこしの)」は、始めてから年月がかかった。
どう書き進めるのかは、降りてくるお告げに従ってのことであるから、一気に何ページにも及ぶこともあれば、何か月にもわたって一文字も書かないということもありました。
幕末から現代に生まれ変わって、超常現象を介して話しが進むということなのですが、何かが時々降りてきて言われる通りに少しずつ書き進めて、4月7日、第八部までを書き上げました。現在は第10部が進行中です。
http://www.kng2321-cbs.com/natukazakosino-new.html

童話 「トイレの神様」・「鬼切丸」・「昔ばなし」・「麦の命」・「猿酒を飲んだ天狗」ほか、幼児に読み聞かせるのに良さそうなお話を書いています。
http://www.kng2321-cbs.com/douwa.html

心と体のために良さそうなものを集めていくページを作ってみました。興味をひくものがあると良いのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/kenkou1..html
女性のために役立ちそうなことを集めていくページをつくってみました。目につくたびにアップしていこうと思っています。興味をひくものがあるとよいのですが・・・http://www.kng2321-cbs.com/josei2.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分は才能・能力はあるし努力も人一倍して頑張っているのに、望む成果が得られていないとしたら、何故そんな境遇のままなのでしょう?
人知を超える力に触れることで道を開く方法を探ってみるのが良いと思うのです。
人間だけが墓を作り、そこに花を手向けるということに、何か意味がありそうです。

なぜ自分で墓石クリーニングをすると良いのか
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気づけばそこは幸せの世界. all rights reserved.